体を投げ出して今季公式戦4ゴール目を奪った岡崎慎司

写真拡大

 レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が、リバプール相手に2試合連続ゴールをマークした。英メディアは、敗れはしたものの、岡崎を高く評価している。

 19日に行われたリバプールとのカラバオ杯3回戦で途中出場から1ゴール1アシストを記録した岡崎。再びキングパワー・スタジアムにリバプールを迎えた23日のプレミアリーグ第6節では、リーグ戦3試合ぶりの先発出場を果たすと、0-2で迎えた前半アディショナルタイム3分、左CKからのこぼれ球をGKシモン・ミニョレにユニフォームを引っ張られながらも右足でゴールに押し込み、反撃の狼煙を上げた。

 後半は両チームが1点ずつを取り合い、レスターは2-3で敗れたが、今季公式戦6試合の出場で4得点と好調をキープしている日本代表FWを英メディアは高く評価している。

 地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎を「ゴールマシンだ」と称賛。DFベン・チルウェルとFWジェイミー・バーディに並ぶチーム最高タイの『7』をつけた。さらに「インターナショナルマッチ以降、これまでとは違うアクションを示してくれている。ゴールに相応しかった」と評価している。

 また、岡崎に対して『スカイ・スポーツ』と『デイリー・メール』は、1ゴールもPKを失敗したバーディに次ぐチーム2番目タイの『7』をつけるなど、おおむね好意的な評価。今季は「ハードワークだけでなく、マイボールになった時によりボックス内へ進入できるよう試みています」と語るように、今まで以上にゴールを意識したプレーを心がけている岡崎。この好調をキープしてスタメン定着、プレミアで初の2桁得点といきたい。


●海外組ガイド

●プレミアリーグ2017-18特集