米ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会で演説する北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相(2017年9月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-ho)外相は23日、国連総会(UN General Assembly)で演説し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は「精神的に錯乱している」と述べた。トランプ大統領の北朝鮮に対する警告は2国間の軍事的な対決の危機を一層高めている。

 李外相は、北朝鮮を「完全に破壊する」と語ったトランプ大統領の警告が、「わが国のロケットが米国本土全体に行くことをさらに不可避なものとした」と語った。同外相はさらに、トランプ氏を「精神的に錯乱している、誇大妄想で満たされた人物」と呼び、「核兵器のボタンを握っている」米大統領が「現在の国際的な平和と安全に対する最大の脅威」になっていると付け加えた。

 トランプ大統領は国連総会で初めて演説した際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長を「自殺行為」に及んでいる「ロケットマン」と呼んだ。金委員長はトランプ氏の発言に対し「大きな代償を払わせる」と警告していた。

 李外相はトランプ大統領が国連を「金が敬意を受け、血を流すことが議事日程となっているギャング団の巣」に変えていると述べ、また金委員長を侮辱したと激しく非難した。

 北朝鮮は米国とその同盟国の脅威から自国を守るという名目で、過去数週間に6回目の核実験を行ったほか、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験も数回行った。

 米国は北朝鮮に対する制裁強化を主導し、国連安全保障理事会(UN Security Council)は今月11日に新たな制裁決議を採択した。また米国は北朝鮮と取引を行う企業に制裁を加えるための独自の措置を取った。

 李外相は安保理の制裁決議は不当であると非難し、北朝鮮には「核による正義のハンマー」で対応するより選択肢が残されていないと述べた。

 李外相の演説の数時間前には、米国の爆撃機と戦闘機が北朝鮮東岸沖の上空を飛行した。米軍機としては今世紀に入って最も非武装地帯(DMZ)の北まで飛行したという。

 米国防総省は今回の飛行について、「米国の決意を示すものであり、また米大統領はいかなる脅威も打ち負かす軍事的選択肢を多数持っているという明白なメッセージ」だと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News