グアリン、中国で「無慈悲FK」をブチ込む!ストイコヴィッチもお手上げ

写真拡大

中国の上海申花でプレーするコロンビア人MFフレディ・グアリン。

このほど行われた広州富力戦で驚愕のフリーキックを叩き込んだ(動画18秒〜)。

かなり距離があったが、弾丸のようなシュートが突き刺さった。バーに当たったものの、ゴールラインを割ったと判定された。

この豪快弾で先制した上海申花は3-1で勝利し、5試合ぶりの白星を手にしている。なお、カルロス・テベスはベンチ入りしなかった。

ウー・ジングイ(上海申花監督)

「グアリンの復帰はチームにとっていいニュースだ。選手たちも彼の復帰にとても興奮している。

そして、グアリンには強烈なフリーキックがある。力強い復帰戦でそれを証明した」

ドラガン・ストイコヴィッチ(広州富力監督)

「全体的にプレーはよかった。だが、いいプレーをしたからといって、必ずしも勝てるわけではない。今日がその例だ。

(グアリンの)1失点目は、古代都市ポンペイのように、守備が即座に崩壊してしまった。非常に遠くからやられた」

グアリンはこれで今季14試合で7ゴール。ちなみに、テベスは13試合で3ゴールに留まっている…。