「ケルバーを崩す解決策を見つけた」決勝進出のパブリウチェンコワ [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)の本戦6日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われた。

 この日最初に登場したのはノーシードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)。第1セットは一方的な展開となり、わずか19分で6-0としたパブリウチェンコワが先取した。

「まったく自分のリズムでプレーできず、彼女は素晴らしいスタートを切った」とケルバーは振り返る。

 第2セットはお互い3-2からケルバーのサービスゲームで、パブリウチェンコワが7度のデュースを経てブレーク。次のサービスゲームもキープして5-2と王手をかける。

 だが、ケルバーも自らのサービスゲームをキープし、相手の2本のダブルフォールトに付け込んでブレークしてすぐさま5-5に追いつきタイブレークに持ち込んだ。タイブレークも3-4と先行されるが、4ポイント連取で一気に逆転し、ファイナルセットに持ち込んだ。最終セットはケルバーが勢いに乗って3-0とリードも、パブリウチェンコワが怒涛の5ゲーム連取でひっくり返し、アップダウンの激しい試合を制した。

 強打でエースを奪うだけでなく、絶妙なドロップショットでケルバーを前後に揺さぶり、相手の強固なディフェンスを崩したことがポイントになったと語るパブリウチェンコワ。

「彼女はすごく安定感があるので普通にラリーをしてもなかなかミスをしてくれない。その解決策として彼女を走らせることにしたら、"ああ、この方法があったのね"と気づいた」というパブリウチェンコワ。

 決勝の相手に決まったのは、ケルバー同様に抜群のディフェンス力を誇るカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)。この日のように強打と柔らかいタッチのコントロールショットを巧みに打ち分けて相手を揺さぶれば、勝利へ大きく近づくだろう。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

※写真は「東レPPO」準決勝で勝利を収め、笑顔を見せたパブリウチェンコワ

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式