サラーが普通だと思うなよ!クロップの喜びと警告

写真拡大

イングランド・プレミアリーグのリヴァプールは、ユルゲン・クロップ監督によるムハンマド・サラーへのコメントを掲載した。

今夏ローマからリヴァプールへと移籍してきたサラー。チェルシーで成功を収められなかったが、セリエAを経験して再びプレミアへ戻ってきた。

アンフィールドへとやってきた彼はいきなりチームにフィットし、前線の中心的な選手として活躍。怪我と移籍問題で外れたフィリペ・コウチーニョの穴を埋めている。

ユルゲン・クロップ監督は彼について以下のように話し、これが普通だと思ってもらったら困ると警告したという。

ユルゲン・クロップ

「モー(サラー)は誰もが思った以上のプレーをしてきたね。彼はとても良い選手だ。我々がそれに確信を持てる男だ。

最初のワトフォード戦で見ただろう。彼にとってはとても難しかったはずだ。とてもフィジカルで、おそらくサラーを疑っていた者もいた。彼にとっては難しいだろうと。

しかし、彼は今やさらに安定している。彼がチェルシーにいたときはまだ少年だった。今は更に成熟している。スタイル面でもフィジカル面でも、全てが良くなっている。

私は驚いていないけどね。しかし、君たちはこれを当然のことだと受け取ってはいけないよ。新しい選手は時間が必要になることがあるのだからね」