「長浜ナンバーワン」の煮たまごらーめん(撮影:河野公俊)

写真拡大 (全5枚)

 今や日本のみならず世界からも熱い視線が注がれるラーメン界。王道と進化形がしのぎを削り、次々と名店が誕生している。ラーメン評論家の大崎裕史氏がセレクトした東京近郊でこの1年にオープンした新店を6店紹介しよう。

●長浜ナンバーワン 東京大岡山店(大岡山)…2017年6月30日オープン
「屋台発祥の地、福岡・長浜の味を東京で実現」

 昭和46年創業の長浜ラーメンの人気店が、満を持して東京に上陸。食材も調理法も本店と同じで、本場の味をそのまま提供する。下処理を徹底して強火で長時間煮込んだ豚骨スープは臭みが一切なく、コラーゲンたっぷりで濃厚ながら後味すっきり。「豚骨は苦手」という人にこそ食べてほしい、極上の1杯だ。

【住所】東京都大田区北千束1-44-5
【営業時間】月〜水・金:11時〜15時半、18時〜23時/木:11時〜15時半/土・日・祝:11時〜21時(売り切れ次第終了)
【定休日】不定休

●ラーメン 郷(神奈川・高座渋谷)…2017年2月1日オープン
「本家の味を継承! 『すみれ』暖簾分け店」

 札幌の名店『すみれ』より暖簾分け。濃厚なスープを覆うラ―ド層に箸を入れると、味噌や生姜の香りが立ち上る。15年修業した店主が守るのは、本家伝統の味。本店直送の味噌を中華鍋で焼き、メンマも同じ味付けを継承する。旨みとコクのある熱々のスープが中太縮れ麺に絡み、最後の一滴まで美味。

【住所】神奈川県大和市渋谷 2-15-10
【営業時間】11時半〜15時(LO)、17時半〜21時(LO)※火は昼の部のみ
【定休日】水

●ソラノイロ トンコツ&キノコ(東京・京橋)…2016年11月25日オープン
「コク深い豚骨スープにスパイス&味噌が融合」

 次々と新ジャンルに挑む『ソラノイロ』。京橋の新店舗に登場したのは、コク深い豚骨スープとクミンなど5種類のスパイスを融合し、塩ダレで味を引き締めた1杯。チュニジアの香辛料アリッサと特製辛味噌を合わせたペーストも添え、スパイシー感にさらにパンチを加える。豚バラのチャーシューもトロトロで旨い。

【住所】東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F
【営業時間】月〜金:11時〜21時45分(LO)/土・日・祝:11時〜17 時(LO)
【定休日】京橋エドグランに準じる

●麺昇 神の手(東京・新高円寺)…2017年5月3日オープン
「ベシャメルソースをベースにした進化系」

 国内外で幅広いジャンルの料理を極めた店主が開いたラーメン&鉄板焼きダイニング。「白」は、自家製の豚骨スープをベースに、自家製ベシャメルソースと天然塩で仕上げた塩ラーメン。グラタンを彷彿とさせるクリーミーなスープと、もちもちの麺が好相性。香ばしいきのこソテーやトリュフが味にアクセントを添える。

【住所】東京都杉並区梅里1-18-12ニュー高円寺コーポラス102
【営業時間】11時半〜14時半(LO)、17時〜翌0時(LO)
【定休日】月(祝日の場合は翌日)

●山雄亭(東京・赤羽)…2017年1月12日オープン
「希少なさつま地鶏を使った高級路線ラーメン」

 暖簾の先には料亭のようなアプローチ空間。希少な鹿児島産さつま地鶏の丸鶏とガラを煮込んだスープ、本鰹や羅臼昆布などでとる魚介系出汁が優しい味わいを醸し出す。自家製麺、低温調理と炙りで供する2種のイベリコ豚チャーシュー、埼玉・秩父のブランド卵で作る味玉と、厳選食材と丁寧な仕事が際立つ。

【住所】東京都北区赤羽西1-4-15
【営業時間】火〜土:11時〜22時/日・祝:11時〜16時
【定休日】月(祝日の場合は翌日)・第3火

●麺LABO ひろ(東京・学芸大学)…2016年12月5日オープン
「鶏の旨みが凝縮する『黄金スープ』」

 鶏の魅力を追求する注目の店。醤油スープは、比内地鶏の丸鶏や大山鶏などのガラに宗田節、羅臼昆布などを加えてじっくり煮込んだ「黄金のスープ」に、複数の醤油と特製オイルを加えて作る。歯ごたえとのど越しのよさを備えた中細ストレート麺とともに食せば、深いコクと豊かな旨みが口一杯に広がる。

【住所】東京都目黒区五本木2-51-5
【営業時間】11時半〜15時(LO)、18時〜20時半(LO)/日:11時半〜16時頃(売り切れ次第終了)
【定休日】水

※週刊ポスト2017年9月29日号