告発合戦は泥沼化している

写真拡大

 中国共産党最高指導部内の権力闘争に巻き込まれた大富豪と、党中央の相次ぐ告発合戦が泥沼化している。

 大富豪側は、習近平国家主席の最側近で最も信頼が厚いといわれる王岐山党中央規律検査委書記(党政治局常務委員)の女性関係や親族の不正蓄財疑惑を告発。一方の指導部側は、すでに国外脱出し米ニューヨークに逃亡している大富豪を汚職などで国際手配したほか、新たに元従業員女性をレイプした容疑でニューヨーク地検に告訴、賠償金1億4000万ドルを求める裁判が開催されるなど、レイプスキャンダルに発展しており、今後の展開はまったくの五里霧中で混迷の様相を呈している。

 中国国営新華社通信や米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」などの報道を総合すると、次のようになる。

 この大富豪は郭文貴氏で、1967年に山東省で生まれた。中学校卒業後、河南省鄭州市に移り住み、国有企業職員を経て、1993年に不動産会社を興し会長に就任した。そこで大成功をおさめ、2014年には中国で発表される「胡潤百富榜」(フーゲワーフ長者番付)で74位にランク。個人資産額は155億元(約2550億円)と伝えられた。

 ところが、郭氏の政治的な後ろ盾だったとされる馬建・国家安全省次官が2015年1月、党紀律違反の疑いで失脚したことから捜査の手が郭氏に伸びてきたことで、郭氏は香港経由で国外脱出。いまはニューヨークを拠点としているが、馬氏からの情報だとしたうえで、党最高幹部のひとりで謹厳実直なイメージで反腐敗運動を率いる王岐山氏が実は私腹を肥やしており、複数の隠し子がおり、莫大な資産を秘匿しているなどと次々と暴露を始めたのだ。

 王氏は10月18日からの中国共産党第19回全国代表大会(党大会)で常務委員に留任するかどうかが注目されている。そんなことから、習近平指導部は新華社電や党機関紙「人民日報」、中央テレビ局などを動員して、王氏のスキャンダル話のもみ消しに動く。

 さらに、郭氏の巨額の汚職事件の容疑者として告発し、国左刑事警察機構(ICPO)を通じて、国際指名手配をしたほか、最近では「郭氏にレイプされた」として、郭氏の会社の元女性従業員がニューヨーク地検に訴えるなどの攻勢をかけている。

 郭氏側は弁護士を通じて、汚職やレイプの疑惑を否定しているが、両者の告発の応酬や中傷合戦はとどまることを知らないほどだ。

 ネット上では「郭氏は党中央の最高指導者のひとりである王岐山を告発するなど、その勇気は大したものだ。英雄に値する」や「党中央は見え見えの茶番劇を止めるべきだ」など郭氏を称賛する声がある一方で、「郭は偽善者だ。一介の公務員だった郭が伸し上がるには、相当汚い手を使ったはずだ。カネに明かせて、王岐山を告発するくらいは朝飯前だ」といった正反対の意見まで様々だ。

 さらに「この茶番劇が、どういう結末を迎えるのか。極めて興味深い。中国も劇場型犯罪が展開されるようになったか」などとの冷めた声も出ている。