©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

大好評を博してきた反面教師バラエティー『しくじり先生』が、9月24日(日)に最終回を迎える。

レギュラー放送最後の授業を担当するのは、亀田史郎・興毅親子だ。

©テレビ朝日

2人は“日本全国民から嫌われて家族まるごと日本で活動できなくなった先生”として、「成功し続ける事にこだわって全てを失わないための授業」を行う。

亀田家の父・亀田史郎は、ボクシングトレーナーとして3兄弟(長男・興毅、次男・大毅、三男・和毅)を指導し、世界初の“3兄弟世界チャンピオン”という快挙を成し遂げた。

しかし、史郎と興毅は、次男・大毅の世界戦で日本中から大バッシングを受けることとなり、日本での活動ができなくなってしまったという。

©テレビ朝日

史郎がテレビ局の門をくぐるのは、なんと10年ぶり!

授業では、いままで一切話すことのなかったバッシングの裏側について包み隠さず告白するが、特に史郎が自らのしくじりについてテレビで話すのは初めてのことだ。

今回2人は、亀田家のしくじりをすべてさらけ出し、勝利と敗北から学んだ教訓をそれぞれ自分の言葉で熱く語りかけていく。

心震える涙のラスト授業、必見だ!