豪快ロケット弾の宇佐美、前所属クラブが祝福「ナイスゴール」「この調子で頑張って」

写真拡大

第8節ザンクトパウリ戦で2-1勝利に貢献 移籍後初スタメンで今季2得点目をマーク

 ドイツ2部デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史が、23日の第8節敵地ザンクトパウリ戦で新天地初スタメンを飾ると、前半9分に豪快な“ロケット弾”で今季2得点目をマーク。

 後半13分に途中交代し、2-1勝利に貢献した。

 今夏アウクスブルクからデュッセルドルフに期限付き移籍した宇佐美は、第5節で元日本代表DF内田篤人が所属するウニオン・ベルリン戦(3-2)に途中出場し、新天地デビュー。値千金の同点ゴールを叩き込む活躍を見せていた。

 ザンクトパウリ戦で移籍後初スタメン出場を果たすと、抜擢したフリートヘルム・フンケル監督の期待に早速応える。前半9分、味方選手が右サイドから放ったシュートがゴール前の混戦に当たって、ペナルティーアーク付近にいた宇佐美の元へこぼれる。これに素早く反応した宇佐美は思い切り良く右足を一閃。カーブ回転がかかった強烈な一撃をゴール右隅へ叩き込んだ。宇佐美は感情を爆発させ、歓喜の雄叫びを上げながら両手を広げて喜びを露わにした。

 デュッセルドルフの公式ツイッターは「ウサミがロケットを放った」と称え、チームの先制弾を速報。試合はその後、前半23分にFWローウェン・ヘニングが追加点を決め、同34分に1点を返されるも、2-1と勝利。宇佐美は後半13分までプレーした。

3戦2発の宇佐美にエール「これからも…」

 宇佐美の今季2得点目にすぐさま反応したのは、保有権を持つ前所属のアウクスブルクだ。公式ツイッターで「ナイスゴール #宇佐美貴史選手!!」と祝福。さらに勝利の結果を受けて再びツイートし、「先制点を奪い、@F95_jp の勝利に貢献した #宇佐美貴史選手 この調子でこれからも頑張って下さい」と、移籍先で輝く日本人アタッカーにエールを送った。

 第5節ウニオン・ベルリン戦は出場17分間、第6節グロイター・フュルト戦は出場24分間と着実にプレー時間を伸ばすなか、第7節は出番なし。その悔しさをバネに、この試合では鬱憤を晴らすかのような豪快弾を決め、移籍後最長の出場58分間で結果を残した。

 3試合2得点とハイペースでゴールを重ね、定位置奪取に向けて猛アピールに成功した宇佐美。チーム内で確固たる地位を確立し、量産体制に入れるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images