(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

平昌五輪開幕まで140日となったが、「平昌」という文字は、韓国よりも日本の方で多く見かける気がする。

金浦空港やソウル駅などに公式グッズの売り場があるが、立ち寄る人はあまりいない。

では現地はどうなのか。

先週韓国に行く機会があったので、短時間ではあるが、平昌にも足を伸ばしてみた。

平昌の今を、2回に分けて書いてみたい。

開発が進む平昌

平昌には、スケート会場でもある江陵(カンルン)を拠点に回ってみた。

江陵には今回が4回目になるが、かつては、山また山を越える、難コースのイメージがある。

しかし今回は、新しいトンネルもできて、随分便利になった。

ソウルから江陵に行った時は、渋滞に巻き込まれて3時間を超えたが、江陵から東ソウルのバスターミナルへは、2時間40分で行けた。かつてに比べると1時間近い短縮だ。

途中のトンネルは一部工事中で、赤いランプと警報音が鳴り続けており、軍事施設に入ったような感じがする。

年末にはKTXも開通する予定なので、山に阻まれ、陸の孤島のイメージがあった江原道も変わっていくだろう。

ただそれは、そうした地理的条件ゆえに残っていた、この地域の良さを、消す可能性もある。

韓国の新聞も見ると、平昌五輪そのものの記事は多くないが、不動産や開発関連の広告はよく目にする。

実際平昌に近づくと、新たに開発された地域や、ペンションのような建物が目立つようになった。

平昌付近の高速道路には、「霧に注意」の看板もあった。スキー競技の開催地である平昌は、霧が多い地域だ。

江陵など東海岸の地域は、海流の影響もあり、冬場はソウルなどより、気温が高い。

しかし、江陵市と平昌郡の境界に位置する大関嶺の山々は、韓国で最も寒い地域の一つだ。狭いエリアで、標高の高低差によるもの以上の温度差があるので、風も強く、霧も発生しやすい。

私が平昌に行った日は、曇りに小雨のあいにくの天気。それは天気予報で分かっていたので、残念だったが、実際の競技は悪天候の中で行われることもあるので、それを見ておくのも悪くないと、気を取り直して、江陵のバスターミナルから、平昌に向かった。

開閉会式が行われるオリンピックスタジアムや、メイン会場の一つであるアルペンシアリゾートには、横渓(フェンゲ)のバスターミナルが拠点になる。

コンビニと乗車券売り場などが入った小さなターミナルの建物は、まだ真新しい。バスは2台停車するのがやっとで、トイレは仮設という、田舎のバスターミナルといったところだが、江原道(カンウォンド)内だけでなく、ソウルに向かうバスも発着する、この地域の交通の拠点でもある。

横渓バスターミナルから、開閉会式が行われるオリンピックスタジアムへは、歩いていける距離にある。

スタジアムに向かう途中の歩道は、ほとんどはがされ、新しいブロックを敷き詰める工事が各所で行われている。韓国では土台の工事がしっかりしておらず、敷き詰めたブロックが波打つことがよくある。やるなら、そこはしっかりやってもらいたい。
(参考記事:今度は新名所が手抜き工事!? 残念すぎる韓国・ソウル市の“取り組み”

国民性ゆえの過剰投資

オリンピック、パラリンピックの開閉会式の会場を巡っては、すったもんだがあった。

最初はジャンプ会場を予定していたが、小さいとICに蹴られ、政府は江陵にある、プロサッカー(Kリーグ)の試合も行われる総合競技場の改築を提案していたが、これでは江陵オリンピックになると、平昌の地域住民が反発した結果、オリンピック、パラリンピックの開閉会式のための、新スタジアムが作られることになった。

新スタジアムの3万5000席のうち大半は仮設で、大会後は5000席ほどを残して、イベント会場などに使われるという。

2014年の仁川アジア大会の時も、ワールドカップの時に使った競技場で開閉会式を行うか、新設するかでもめた末、スタンドの多くを仮設にした、新スタジアムを建設した。

開会式は国をアピールする絶好の機会であり、面子にこだわる国民性ゆえの過剰投資のように思う。国立競技場を新設する日本も、人のことはあまり言えないが……。

オリンピックスタジアムの周辺はもともと農村であったことは、歩いてみるとよく分かる。

その一方で、都会風の建物が建ち、住宅なのか、リゾートマンションなのか分からないが、アパートの建設も進む。こうした建物が、大会後どうなるか、気になるところだ。

オリンピックスタジアムは、仮設スタンドが多い割には、外観は思った以上に立派であった。

大会中は、様々なイベントが行われる予定とはいえ、パラリンピックの開閉会式も含め、3万5000席のこの施設の晴れ舞台は、4回しかない。

スタンドの大半に屋根がないなどの問題があるだけに、施設建設の苦労が報われるかは、お天気次第のところがある。

横渓のバスターミナルから、メイン会場のアルペンシアリゾートに行くバスは、現在のところ1日4、5本しかない。

ネットで調べると、始発が午前10時であることだけが分かった。そのため、10時のバスで、アルペンシアリゾートに向かった。

それについては、次回に記したい。(続く)

(文=大島 裕史)