勝利したバルセロナ【写真:Getty Images】

写真拡大

【ジローナ 0-3 バルセロナ リーガエスパニョーラ第6節】

 現地時間23日にリーガエスパニョーラ第6節の試合が行われ、バルセロナは昇格組のジローナのホームに乗り込んで対戦。オウンゴールやルイス・スアレスの得点によって、バルセロナが3-0の勝利をおさめている。

 試合開始して17分、ゴール真正面からリオネル・メッシが蹴ったFKはGKゴルカ・イライソスに弾かれたが、それによって得たコーナーキックのチャンスからバルセロナに先制点が入る。コーナーキックからのクロスボールをジョルディ・アルバがダイレクトで合わせると、ジローナのアダイがクリアミスしオウンゴールという形だった。

 続けて48分には、ルイス・スアレスがゴール前でスルーしたボールをGKゴルカ・イライソスがオウンゴールしてしまいバルセロナに2点目が入る。69分にはDF裏に飛び出したルイス・スアレスがチーム3点目を決めた。結局、リードを守りきったバルセロナが3-0の勝利をおさめている。この結果、バルセロナはリーグ6連勝で首位をキープした。

【得点者】
17分 0-1 オウンゴール(バルセロナ)
48分 0-2 オウンゴール(バルセロナ)
69分 0-3 ルイス・スアレス(バルセロナ)

text by 編集部