岡崎が強豪リバプールから2戦連続弾 「0.00001ヤードから決めた」とクラブ称賛も惜敗

写真拡大

前半アディショナルタイムに“らしさ全開”の岡崎弾

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が強豪相手に2試合連続弾を決めた。

 プレミアリーグ第6節の本拠地リバプール戦に先発出場した岡崎は、2点ビハインドを背負っていた前半アディショナルタイム3分にらしさ全開の泥臭いプレーでネットを揺らしたが、試合は惜しくも2-3で敗れた。

 FWモハメド・サラー(前半15分)とMFフィリペ・コウチーニョ(同23分)のゴールでリバプールが2点のリードを奪って迎えた前半アディショナルタイム。左サイドからのコーナーキックのチャンスで、DFハリー・マグワイアが競り合ったこぼれ球に岡崎がいち早く反応。GKが飛び出し、ゴールががら空きになったところへ体を投げ出し、右足で押し込んだ。

 クラブ公式ツイッターは「彼は0.00001ヤードの距離から得点を決めた。フォクシーズが1点を返して1-2だ!」と岡崎のゴールを速報。さらに前半終了時には「ブレーク前にシンジ・オカザキのゴールがシティに希望を与えた」と貴重な追撃弾が称えられた。

 岡崎は1得点1アシストを記録した19日のカラバオカップ(リーグカップ)に続いてリバプールを相手に2試合連続ゴールとなった。今季は6試合の出場で早くも4得点と絶好調を維持している。

ヴァーディがPKの好機逃し、岡崎も交代

 迎えた後半は一進一退の攻防となった。リバプールは後半13分にMFジョーダン・ヘンダーソン、レスターはその1分後の同14分にFWジェイミー・ヴァーディが得点してスコアは2-3となった。そして同28分にはヴァーディがGKシモン・ミニョレに倒されてレスターにPKのチャンス。しかし、ヴァーディのキックはミニョレにセーブされ、絶好の機会を逃した。

 ゴールを決めた岡崎もPK失敗直後にFWケレチ・イヘアナチョとの交代でピッチを後にした。結局、リバプールの背中を捉えることはできずにレスターは惜敗。アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーに続く今季4敗目を喫した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images