攻撃陣爆発のドルトムント、今季最多6得点奪い大勝…香川は途中出場

写真拡大

 ブンデスリーガ第6節が23日に行われ、ドルトムントとボルシアMGが対戦した。前節、今シーズン初得点を決めた日本代表MF香川真司はベンチスタートとなっている。

 28分、ユリアン・ヴァイグルのスルーパスにピエール・エメリク・オーバメヤンが抜け出す。オーバメヤンの折り返しをマキシミリアン・フィリップが右足ダイレクトで合わせ、ドルトムントが先制する。38分には高い位置でボールを奪うとジェレミー・トリアンの折り返しを再びフィリップが決めて追加点。前半終了間際の45分にはフィリップのチャンスメイクから、最後はオーバメヤンが押し込んで、前半だけで3点のリードを奪う。

 後半立ち上がりの50分、マリオ・ゲッツェのFKをオーバメヤンが頭で合わせる。このシュートはポスト左に弾かれるが、自ら詰めて早くも4点目を奪う。62分には三度オーバメヤンが決めて、これでハットトリックを達成。64分にはプリシッチに代わって香川が投入された。

 66分にはトルガン・アザールの折り返しをラース・シュティンドルが流し込み、ボルシアMGが1点を返す。ドルトムントは今シーズン初失点を喫した。79分には相手のクリアミスを拾ったヴァイグルのドライブシュートが突き刺さり、この試合6点目をマークする。

 試合は6−1で終了。ドルトムントは4連勝。ボルシアMGは3試合ぶりの敗戦となった。

 ドルトムントは次戦、チャンピオンズリーグでレアル・マドリードとホームで対戦。ボルシアMGはホームにハノーファーを迎える。

【スコア】
ドルトムント 6−1 ボルシアMG

【得点者】
1−0 28分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)
2−0 38分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)
3−0 45分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
4−0 49分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5−0 62分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5−1 66分 ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
6−1 79分 ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)