岡崎慎司がリバプール相手に2試合連続ゴール

写真拡大

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が、20日のカラバオ杯3回戦に続きリバプールから2試合連続ゴールを奪った。

 カラバオ杯で本拠地キングパワー・スタジアムにリバプールを迎えたレスターは、後半8分に岡崎が入ると状況が好転し、20分に岡崎が先制点。さらに岡崎は、33分にFWイスラム・スリマニの追加点をアシストし、2-0の勝利に大きく貢献した。

 そして24日、プレミアリーグ第6節でレスターは再びホームでリバプールと対戦。3試合ぶりの先発出場を果たした岡崎は、0-2の前半アディショナルタイム3分、左CKからDFハリー・マグワイアに当たってこぼれたボールを右足で押し込んだ。

 これで岡崎は公式戦4点目。プレミアリーグでは3点目となった。ハイペースで得点を量産している岡崎。この調子をキープして、スタメン定着といきたい。


●プレミアリーグ2017-18特集

●海外組ガイド