セバージョスが2発! 前節黒星のレアル、苦しみながらもアラベス下す

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラ第6節が23日に行われ、アラベスとレアル・マドリードが対戦した。

 前節、早くも初黒星を喫するなど不調に陥っているレアル・マドリード。だが、この試合では幸先よく先手を取る。10分、左サイドから崩すと、ペナルティエリア内左で受けたダニ・セバージョスが右足のシュートをゴール左下に流し込んだ。

 しかし、今シーズン5試合無得点のアラベスも反撃に出る。40分、右サイドに流れたムニル・エル・ハダディがクロスを入れると、トップスピードで走り込んだマヌ・ガルシアが強烈なヘディングシュートを突き刺し、スコアをタイに戻した。

 嫌な流れを断ち切りたいレアル・マドリードは直後の43分、右サイドからダニエル・カルバハルが上げたクロスのこぼれ球にセバージョスが反応。右足ダイレクトでゴール右下に蹴り込み、すぐさま勝ち越しに成功した。

 後半に入り63分、レアル・マドリードはエリア内右のクリスティアーノ・ロナウドが個人技でDFを抜いて左足を振り抜く。強烈なシュートがゴールを脅かしたが、惜しくも左ポストを直撃した。

 一方のアラベスは70分、こぼれ球を拾ったアルフォンソ・ペドラサが右足でシュートを放つと、DFに当ってコースが変わったボールがゴール左上へ飛んだが、クロスバーを叩いた。76分には相手DFのミスからペドラサがGKと一対一の局面を迎えたが、左足のシュートは左ポストに弾かれてしまう。

 その後はレアル・マドリードが追加点を狙って押し込み、アラベスはカウンターから同点ゴールのチャンスを伺ったが、スコアは動かずタイムアップ。レアル・マドリードが2−1で競り勝った。

 次節、アラベスは10月1日にアウェイでレバンテと、レアル・マドリードは同日にホームでエスパニョールと対戦する。

【スコア】
アラベス 1−2 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 10分 ダニ・セバージョス(レアル)
1−1 40分 マヌ・ガルシア(アラベス)
1−2 43分 ダニ・セバージョス(レアル)