恋愛において、いつも男子に尽くしまくる女子もいれば、逆にチヤホヤと男子に尽くされる女子もいますよね。きっと尽くされる女子は、男子の尽くしたい! って気持ちをくすぐるのが上手な女子なのかも。
そこで、今回は男子が尽くしたくなる女子の特徴について紹介します。「れきれば彼に少しくらい尽くされたいなぁ」って夢見ている女子、ちょっと参考にしてみて。

自分からほれた相手

自分からほれて、「もしかして押せばイケる?」という段階のところまで好きな女子と近づけてたら、どうにか振り向かせたくて、頑張って尽くしちゃう男子は多いもの。この尽くすには「付き合いたいっ!」て気持ちが強いから、付き合う気がないのならあまり受け取らない方が懸命かも……。尽くすだけ尽くして告白して振られた……となると男子の中にはその相手のことを恨んでしまう人もチラホラいるので気をつけてね……。

褒め上手で甘え上手な女子

女子から甘えられるのが苦手という男子は少ないですよ。甘えられたらやっぱりかわいいって思うし、その子のために喜ぶことをしたいなぁと考えます。特に相手が自分の好みの相手ならなおさらですね。
まぁ、いい例がキャバ嬢とかでしょうか。筆者も長年水商売をしていますが、やっぱり褒めていい気分にして、ちょっと腕とかからめて「シャンパン飲みたいなぁ」って甘えて言えば、大抵イケました。褒めていい気分にさせて、ちょっとかわいく甘えたら、向こうもそれに応えようと頑張ってくれるんですって。

尽くすことで自分に自信がつく

例えば、彼女が風邪で寝込んだ時に彼女の家の家事を全部して彼女の看病をした、好きな子の誕生日にサプライズでお祝いしてあげた、などなど相手のために何かをしてあげた時に、素直に喜んでくれるなどいい反応が返ってくると、男子もうれしいし「俺ってできる男だ!」と自分に自信がつきます。
尽くすことで自分に自信がつくと、相手のためもそうだけど、自分のためにも自然に相手に尽くしちゃったりしますよ。男子に尽くされたいのなら何かしてもらった時は、ちょっと大げさくらいに喜んでみるのもいいかも。

打算的ではない

普通に考えて、相手からこびた態度や見返りを求めている感じが伺えると、尽くしたい気持ちにはなれないですよね? 男子が尽くしたいと思えるのは打算的ではない女子です。よくカップルで「私ばっかり尽くしてない?」「私がこんなに○○君のためにしてるのに、○○君は何もしてくれないね?」など彼に言ってしまっている女子は要注意です。それを言うと、余計に彼は尽くす気持ちがなくなりますから。

ちゃんと覚えていて、お礼をしてくれる子

例えば、デートでご飯をおごってあげたら後日お礼としてちょっとしたお菓子をくれた、など、自分がしてあげたことをちゃんと覚えていてお礼をしてくれる女子には男子もまたご飯をおごってあげたくなるし、困ってたら何か手伝ってあげたいと思うものです。ちゃんとお礼ができる子は、男子の尽くしたい気持ちをくすぐりますから。