タイで開催されている女子サッカーのU-16アジア選手権は9月23日、チョンブリで3位決定戦が行なわれ、「リトルなでしこ」が中国に1-0で勝利し、来年のU-17女子ワールドカップ出場を決めた。

 日本は、順当にベスト4まで勝ち上がり、準決勝では韓国と対戦。しかし、1-1からのPK戦を2-4で落とし敗れ、3位決定戦に回った。来年のU-17女子ワールドカップでのアジア枠は3。中国との3位決定戦は出場権を懸けたまさに大一番となった。

 3位決定戦では、前半をスコアレスで折り返すと、迎えた55分、日本は中尾萌々が先制ゴールを挙げる。結局、日本が中尾のゴールを守り切り、1-0で勝利。若きなでしこたちが正念場で粘り強い戦いを見せて、来年のワールドカップ出場を決めた。