【警告】札幌=なし、新潟=富山、堀米、山崎、ホニ
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】河田篤秀(新潟)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ27節]札幌 2-2 新潟/9月23日/札幌ドーム
 
【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
前半終了間際、後半の序盤という隙の生まれやすい時間帯に効果的に得点し、2点のリードを得ながらも、その後はゲームプランが定まらず全体が間延び。フィジカルでも新潟に圧倒され後手に回り、2点差を一気に埋められたが、なんとか引き分けた。
 
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 5.5(OUT 27分)
順調にプレーをしていたなかで、20分過ぎに相手選手と接触。その後に足の痛みを訴え、ベンチに退くことに。
 
DF
2 横山知伸  6
久しぶりにディフェンスラインの中央に入り、周囲とうまく連係を保ちながら安定したプレーを見せた。
 
15 菊地直哉 6
安易にクリアに逃げることなく、巧みなボールキープと堅実なパス配球で後方からチームを支えていた。
 
24 福森晃斗 5.5
股関節に痛みを抱えながらも果敢にプレー。積極的な攻め上がりも見せた。ただ、プレーの質としては物足りなかった印象。
 
MF
26 早坂良太 6
貴重な先制点を決めてみせた。ただ、後半は相手のサイド攻撃に押し込まれる場面も多く、力を出しきれず。
 
6 兵藤慎剛 6.5
この日も豊富な運動量を維持したとともに、巧みなボールキープとパス配球でこの日もレベルの高さを見せつけた。
 
10 宮澤裕樹 5.5
運動量をベースにこまめなフォローなどを見せていたが、肝心なところでは新潟の勢いを止めることができないままだった。
 
18 チャナティップ 6
日に日に相手のマークは厳しさを増しているが、そうしたなかでも高い技術で相手の脅威となっていた。
 
32 石川直樹 5.5(87分OUT)
立ち上がりからホニのスピードに翻弄された。後半は多少慣れたものの、全体的にパフォーマンスは低調。足がつってベンチに退いた。
FW
 11 ヘイス 6.5
見事な直接FKで貴重な追加点をゲット。ただし、それ以上に巧みなボールコントロールで存在感を示していた。
 
48 ジェイ 5.5
先制点のアシストや、存在感で相手に脅威を与えるも、プレーの質自体は低調なもの。得点もできず、中途半端な出来。
 
交代出場
GK
1 金山隼樹 5.5(27分IN) 
ク・ソンユンの負傷退場により急遽出場。全体的には好パフォーマンスを見せていたが、正GKの穴を埋めたとは言い難い。
 
MF
17 稲本潤一 ―(81分IN)
失点直後の出場とあって難しさもあったとは思うが、フィジカル面で相手のパワーにまったく歯が立たず、ほぼ何させてもらえなかった。
 
DF
4 河合竜二 ―(83分IN)
プレー時間は短かったものの、投入直後に失点をしたとあって、本人としては悔しさばかりが残ったことだろう。
 
監督
四方田修平 4.5
2点のリードがありながらも逃げ切れず。チームとしての戦い方も明確にすることができず、勝点3をみすみす手放した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
新潟 6
2失点を喫するまでは、なかなか思うようなパフォーマンスを発揮できなかったが、2点を追う展開になってからはパワーあふれる試合運びで札幌を圧倒。途中出場の河田の2得点によって敗戦を引き分けへと変えてみせた。
 
【新潟|採点・寸評】
GK
1 大谷幸輝 5.5
全体的には無難なプレーぶりだったが、要所でセンターバックとの連係に乱れがあった。そこは改善したいところ。
 
DF
8 小泉 慶 6
苦しい試合ではあったが、90分通して粘り強いプレーを継続し、最終的に勝点1の獲得に貢献してみせた。