気象庁の特報=23日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁と韓国地質資源研究院によると、23日午後5時29分(日本時間)ごろ、北朝鮮北東部、咸鏡北道・吉州の北北西23キロでマグニチュード(M)3.2の地震を観測した。

 気象庁は当初、M3.0と発表したが、同3.2に修正した。震源は北緯41.14度、東経129.29度から、同41.351度、同129.056度に修正した。地震の発生場所は6回目の核実験が実施された位置の北北西6キロ付近という。

 気象庁は震源の深さは発表しなかったが、中国当局の資料を分析し、2キロ内と発表した。

 気象庁は今回の地震について、核実験場がある豊渓里近くで起き、規模が小さくないことから爆発による地震との見方が出ていることについて、音波が発生しないことなどから自然地震と分析している。