逆転ヘッドを決めた植田(5番)が雄叫びを上げる。後半アディショナルタイムでの逆転劇に、スタジアムのボルテージは最高潮に! 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ27節]鹿島2-1G大阪/9月23日(土)/カシマスタジアム
 
 チームとしての総合力、実績、タレント力で判断すれば、この両雄は優勝を争っていなければおかしい。だがキックオフ前の時点で、首位・鹿島アントラーズと7位・ガンバ大阪との間には、18ポイントもの勝点差があった。いったいいつの間に、こんなに開いてしまったのか。
 
 アウェーのガンバは、J1連覇に邁進する鹿島の本拠地で、意地を見せたかったのだろう。「どっちかって言うとフリーな感じで動いてた」と語る遠藤保仁を前線に配備し、井手口陽介、今野泰幸らが猛然とボールを狩りに行く。そして7分、ゴールキックからファン・ウィジョがボールをキープし、振り向きざまに25メートル弾を突き刺した。奇襲が奏功する、願ってもない展開だ。
 
 鹿島は、中盤でのパスワークを分断され、思うように攻撃を構築できない。それでもまるで焦る様子はなく、個々が淡々と職務を遂行。「とりあえずこれ以上失点だけはしないように集中していた」(植田直通)と、冷静に、ガンバのカウンターを完璧に封じるところから立て直しを図った。
 
 ほぼ得点機のなかった鹿島だが、前半アディショナルタイム、ややラッキーな形でPKを得る。金崎夢生のキックはGK東口順昭にいったんは弾かれるが、こぼれ球をレアンドロが押し込んで同点。あっさりワンチャンスをモノにした。
 
 恐ろしかったのは、ここからだ。
 
 まるでチームが意思を持ったひとつの怪物のように、強烈に前がかりなサッカーを貫徹。ガンバは面を食らい、腰砕けになる。この同点シーンから前半終了までの数刻のラッシュが、ガンバに小さくないメンタルダメージを与えたのだ。
 
 ガンバの長谷川健太監督は、「天皇杯での疲れがあった」との理由で遠藤を引っ込め、長身FWの長沢駿を投入する。みずから掴んでいた良い流れを断ち切ってしまった。なぜ代えてしまったのか。なにかアクションを起こさなければやられてしまう、そんな強迫観念に駆られたのかもしれない。案の定、ガンバは放り込みを繰り返すばかりで、かつセカンドボールを拾えず、鹿島に完全に中盤を制圧された。
 
 真綿で首をゆっくり絞めるように、鹿島の選手たちは流麗なパスワークでガンバのスタミナを削り取る。前半から飛ばしていたアウェーチームをガス欠に追い込んだ。そうなればもうサンドバックだ。幾度となくフリーショットを放ちながらも決め切れなかったが、後半アディショナルタイムにCKから植田が頭でねじ込む、劇的な幕切れ。だが、残り15分間で匂いはプンプン漂っていた。必然の3ポイントと言うほかない。
 
 絵に描いたような横綱相撲だ。ガンバの倉田秋は「前半のサッカーをやり抜ければ自分らももっと上にいれたはず。ああいうのを持続できるかどうかの違い」と振り返った。スコアは僅差ながら、完敗と認めざるをえない。
 
 なんなんだ、この強さは? 試合後、中田浩二氏に質問すると、レジェンドはこう答えた。
 
「誰が出てもクオリティーが落ちないからね、いまの鹿島は。天皇杯をレッズとやってしっかり勝って、中2日でこれだけやれるんだから。しかも剛さん(大岩監督)はいろいろ試しながら、結果を出しているんでね。試合を重ねるごとに強くなっているなって感じる」
 
 これで、リーグ戦4連勝。2位の川崎フロンターレが引き分けたため、勝点差は8に広がった。
 
 絶好調の常勝軍団。鹿の角を掴むチームは現われるのか。ため息が出るほど、強い。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【鹿島2-1G大阪 PHOTO】鹿島がロスタイムに植田の劇的弾でG大阪に勝利!