恋愛中女性の悩みで多いのがデートの誘い方。
自分から誘って断れれると嫌だし、好きバレするのも避けたいものですよね。
今回は当たり障りのない上手なデートの誘い方をご紹介します。

会話の中で行きたい場所を主張

1番簡単な方法としてオススメなのが、食事中など、
デートの最中に自分が次に行きたい場所を会話の中に盛り込むことです。
テーマパークや温泉などはがっつりデート感があり、
彼がびっくりしてしまう可能性もあるので、
例えば「今話題の映画見に行ってみたいんだよね」や
「新しくできたカフェがオシャレで美味しいらしいよ」など、
あくまでも自然な会話の中で自分の興味のあることを主張してみてください。
彼が乗り気なら「じゃあ今度そこ行ってみる?」と乗ってきてくれるはずですよ。

どこ連れてってくれる?と委ねる

デート後にお誘いの連絡を待っているよりも、
デート中に次の約束を取り付けたほうがどんどん次に繋がっていく可能性が
高くなりますよね。
そこでオススメなのは、
別れ際などに「次はどこ行く?」などと彼に問いかけてみることです。
彼がまたデートをしたいと思ってくれているならその場ですんなりと
日取りとプランが出来上がるはずです。
また、脈ありかなと思っている彼なら、クリスマスやバレンタインなどの
イベントがある時なら「もうすぐクリスマスだね。どっか連れてってくれる?」と
問いかけてみてください。
彼もイベントの日に誘いたいと思っていても、
自分からは怖いと感じているかもしれません。
女性から誘うという感覚よりは、
「誘ってくれて大丈夫だよ」という状況を作ってあげるのと彼も安心できますね。

わざとチケットを2枚用意する

これは誘う理由が無いけど、会いたいという時に使える裏ワザ的な誘い方ですが、
コンサートや映画、美術展などのチケットを2枚用意してしまうことです。
彼には「友達が行けなくなったらしくて2枚譲ってもらったんだけど、行かない?」
などと誘ってみてください。
計画的な誘い方ですが、失敗しないポイントとしては、
彼が好きそうな催し物のチケットを用意することです。
せっかくチケットを買ったのに誘えなくてお金の無駄遣いになるようなことは
避けたいですよね。
コンサートなら「このバンド好きだったよね?」と誘ってみたり、
彼が見てみたいと言った映画のチケットなどを用意すると
失敗の危険性も低くなりますね。
どうしても誘えなかったら友達を誘って気晴らししましょう。

おわりに

いかがでしたか?
なかなかハードルを上げてしまいがちな女性からのデートのお誘いですが、
トークが好きな女性だからこそ、会話の中に盛り込んだりすることができますよね。
また、いざ誘ってみてOKが貰えれば恋も一歩前進できるので、
彼の脈を図るためにも一度女性から誘ってみるのもいいと思いますよ。

(愛カツ編集部)