PSGのカバーニ photo/Getty Images

写真拡大

今夏パリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールは、17日のリヨン戦でエディンソン・カバーニとPK、フリーキックのキッカーを巡って騒動を起こしてしまった。ネイマールはすでにチームメイトに謝罪したようだが、これでカバーニとネイマールの仲が完璧なものになったわけではない。ネイマールがカバーニ売却を要求しているといった話題もあり、カバーニが居心地の悪さからPSGを離れることになっても不思議はない。

すでにカバーニ獲得を検討しているクラブも出てきていると言われているが、伊『Calciomercato』はユヴェントスにカバーニが必要ではないのかと伝えている。フランスサッカーに精通し、ニースのジャン・ミシェル・セリなどの代理人を務めるオスカル・ダミアーニ氏もユヴェントスにとってカバーニが貴重な戦力になるのではないかと考えているようで、その理由としてゴンサロ・イグアインのパフォーマンスを挙げている。

「PSGには多くのスター選手がいるが、個人的にはムバッペとネイマールよりカバーニが優れていると思う。ただカバーニがセリエAに戻ってくるのは難しいだろう。彼はクラブと2020年まで契約を結んでいるのだからね。インテルにはイカルディ、ナポリにはメルテンスがいて、彼らはストライカーとして上手くやっている。もしかしたらユーヴェはカバーニを必要とするクラブかもしれない。なぜならイグアインが良い状況にないからだ」

今季のイグアインのパフォーマンスには批判も出ており、爆発している相棒のパウロ・ディバラとは大きく状況が異なっている。このままイグアインのパフォーマンスが上がらないのであれば、カバーニは魅力的な選手に映ってくるかもしれない。カバーニはすでにナポリで結果を出しており、セリエAへの適応にも問題はない。カバーニの状況は世界のビッグクラブから大きな注目を集めているが、近いうちにPSGを離れるシナリオもあり得るか。