韓国ソウルで、北朝鮮で揺れがあったことを伝えるニュース番組を見る人々(2017年9月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮の核実験場近くで23日に検知された震源の浅いマグニチュード(M)3.5の揺れについて、米国と韓国はそれぞれ、「揺れの原因は断定できていない」、「人工の揺れの可能性はない」とするなど、先に中国が発表した「爆発による疑い」とは異なる見解を示している。

 米地質調査所(USGS)によると、揺れはM3.5で、北朝鮮が今月3日に6回目にして過去最大の核実験を実施した実験場から約20キロの地点で発生した。北朝鮮は後にこの実験について、ミサイルに搭載可能な水爆の実験だと発表している。

 USGSは声明で「揺れは北朝鮮が前回(核)実験を実施した地域で起きた。現時点でわれわれは揺れの原因は(自然または人工的なものか)断定できない。地震学者は震源の深さは浅く、5キロとしている」と述べている。

 一方、中国地震ネットワークセンター(CENC)はこれに先立ち、揺れはM3.4で「爆発による疑いがある」と発表している。また韓国の聯合(Yonhap)ニュースは韓国気象庁職員の話として、「人工的な揺れ」の可能性はないと伝え、韓国当局は「自然地震」との見解を示していることを明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News