移籍後初先発の宇佐美、弾丸シュートで今季2点目 クラブも「ロケットを放った」と速報

写真拡大

こぼれ球に右足を振り抜き、ゴール右隅に豪快なシュートを突き刺す

 今夏アウクスブルクからブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに期限付き移籍した日本代表FW宇佐美貴史が、23日の第8節のザンクト・パウリ戦で待望の新天地初スタメン。

 前半9分に今季2得点目を決め、早速起用に応えた。

 第5節ウニオン・ベルリン戦(3-2)で途中出場から新天地デビューを飾り、値千金の同点ゴールを叩き込んだ宇佐美は、敵地ザンクト・パウリ戦で移籍後初の先発出場となった。

 見せ場はいきなり訪れる。前半9分、味方選手が右サイドから放ったボレーがゴール前の混戦に当たって、ペナルティーアーク付近にいた宇佐美の元へ。こぼれ球に反応した宇佐美は迷わず右足を一閃。シュートは弾丸のように鋭い軌道で瞬く間にゴール右隅に突き刺さった。

 デュッセルドルフは公式ツイッターで「ウサミがロケットを放った」と先制弾の模様を速報。試合は前半23分にFWローウェン・ヘニングが追加点を決め、2-0とリードを広げている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images