画像提供:マイナビニュース

写真拡大

阪神電気鉄道は11月3日、尼崎車庫などにて「鉄道の日 はんしんまつり 2017」を開催する。阪神電車に関するさまざまな体験ができるイベントで、尼崎車庫での開催は今回が5回目。毎回好評のミニ阪神電車の運転や電車との綱引き・連結作業体験、洗車機通過体験など、体験型イベントを数多く設けている。

「台車枠トラバーサー運転体験」といった新たなアトラクションも加え、鉄道ファンはもちろん家族連れや友人同士でも楽しめる内容だという。事前応募制で、当選者(指定時間入場制 / 入場無料)は過去最大となる合計7,000名(昨年は6,000名)に。当選者の中から抽選で350名をサテライト会場での特別企画に招待する。

開催日時は11月3日10時〜16時(雨天決行、荒天中止)。メイン会場は阪神電車尼崎車庫、サテライト会場は阪神電車まなび基地(13時〜16時)。なお、混雑緩和のため、時間帯を指定しての入場となる。応募期間は10月9日24時まで。パソコン・スマートフォンで特設ウェブサイトから応募し、代表者を含めて6名まで応募可能。当選者の発表は「当選はがき」の発送をもって代える(10月中旬頃発送予定)。