リリースイベントをおこなったMAG!C☆PRINCE

 5人組男性アイドルグループのMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)が23日、都内で5thシングル「YUME no MELODY/Dreamland」(10月18日発売)のリリースイベントをおこないシングル曲を含む5曲を披露。また、メンバーはイベント後に報道陣による囲み取材に応じた。年末の『NHK紅白歌合戦』について尋ねられると、メンバーの大城光は「僕たちの出場が決まったら失神するんじゃないか、と思います(笑)」と謙遜しながらも、出場が夢であることを明かした。

 2015年の3月に愛知、岐阜、三重の3県オーディションを合格したメンバーで結成。東海地方を中心にリーダーの平野泰新、西岡健吾、大城光、永田薫、阿部周平で活動している。今年5月に発売した「UPDATE」はオリコンウィークリーシングルランキング2位を記録するなど、全国的にも人気を得ている。

 この日は、マジプリ(マジックプリンス)が以前にも訪れた東京・サンシャインシティ池袋での無料観覧イベント。多くの観衆の前で新曲を含む5曲をダンスパフォーマンスとともに届けた。ステージを終え、平野は「久しぶりの東京で、この場所でやらせて頂いたんですけど、凄く盛り上がってくれて嬉しかったです」とイベントを振り返った。

 西岡も「前回よりも人が増えているので、嬉しかったです」とより多くの観衆が集まったことを喜んだ。

 東海地方と東京との違いについて尋ねられると、阿部は「東海の良さと東京の良さ、地方の良さそれぞれ感じますね」とコメント。大城は「名古屋にはない、ハンバーガー屋があるらしいのでそこに寄って1番大きなハンバーガーを買って帰りたいですね」と東京のグルメに興味を示した。

MAG!C☆PRINCEのライブの模様

 新体操の団体で高校総体優勝、全日本個人4位という実績を持つ平野。この日は、RADIO FISHのメンバーであるFISHBOYが振付を担当した「YUME no MELODY」を新体操で使われるスティックをメンバーが持ちパフォーマンスを披露。

 振付についてメンバーにアドバイスもおこなったという平野は「新体操の要素を入れさせてもらって、新しいMAG!C PRINCEの良さを引き出せたと思います」と新曲の振付について満足気。

 西岡は「スティックを、自分はあんまり回してないです(笑)。前で難しいことやってくれているので、いい感じでした」と言い、大城は「初めてリーダーに教わったんですけど、新体操は厳しい世界だと思っていたのですが優しく教えてくれました。褒めて伸ばすタイプなんだなと」と平野が教え上手であると高評価。

 10月18日にリリースされる新曲。前作「UPDATE」はオリコンウィークリーシングルランキング2位を記録している。永田は「目標はウィークリー1位獲得です。1位を取って帰ってみんなで喜びたいです」と意気込んだ。

 年末には『日本レコード大賞』や『NHK紅白歌合戦』などアーティストにとって大きなイベントが控える。平野は「(日本レコード大賞)新人賞を獲りたいですね。限られたアーティストしか獲れないですし、これからの活動にも弾みがつくと思うので」と意欲を示した。

 紅白について大城は「僕たちの出場が決まったら失神するんじゃないか、と思います(笑)。僕らはどっち白組として出るんでしょうけど、(西岡)健吾の力で紅組としても出れると思いますし」と謙遜しながらも、中性的な魅力を持つ西岡を擁するマジプリが紅白に出場する夢を語った。【取材・撮影=松尾模糊】