【警告】柏=キム・ボギョン(7分)、ユン・ソギョン(43分) FC東京=チャン・ヒョンス(45+1分)、柳(45+1分)
【退場】柏=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】武富孝介(柏)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ24節]柏4-1FC東京/9月23日(土)/日立柏サッカー場
 
【チーム採点・寸評】
柏 6.5
前半からで丁寧なパスワークで主導権を握ると、順調に得点を積み重ねた。P・ウタカの脅威に圧されて完封こそならなかったものの、力の差を見せつけた。
 
【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 6
57分の永井の抜け出しには、素早く飛び出しコースを塞ぐ好プレー。PKから1点を献上したが、集中を切らずに勝利に貢献した。
 
DF
3 ユン・ソギョン 6.5(88分OUT)
守備面での安定感が光った。51分のピンチでは、大久保のシュートを身体を張って阻止。価値あるブロックだった。
 
4 中谷進之介 6.5
出足の早い寄せで永井の自由を封じ、大久保にも激しく身体をぶつけて対応。最終ラインにドンと構えるその姿は、頼もしかった。
 
5 中山雄太 6
75分のPK献上は痛恨だった。とはいえ、そのほかの場面では地上戦でも空中戦でも優位に立ち、相手の攻撃を撥ね返していた。
 
13 小池龍太 6(90+4分OUT)
スピードのある相手の攻撃に対して後手に回る場面も少なくなかったが、豊富な運動量をこの日も披露。精力的にアップダウンを繰り返した。
 
MF
7 大谷秀和 6
時に最終ラインまで、時に相手ゴール前まで広範囲を走り回り、攻守に働いた。押され気味になった終盤は、やや引き気味に位置を取り、守備を固めた。

8 武富孝介 7(90+1分OUT)
相手のミスを見逃さず、見事なミドルシュートで先制点を決めると、67分には伊東とのワンツーからダメ押しの3点目もゲット。誕生日という記念すべき日に、見事に先発起用に応えてみせた。
 
14 伊東純也 6.5
相手には警戒されていたようで、この日は得意のドリブル突破が少なかった。それでも60分にR・ロペスのクロスに頭で合わせ、追加点を奪ったのはさすが。
 
15 キム・ボギョン 6
これまでの主戦場だったトップ下ではなく、ボランチで先発出場。積極的にボールを引き出して、流れるようなパスワークを機能させた。
 
20 ハモン・ロペス 6.5
キレのあるドリブル、素早い飛び出しを駆使して相手の脅威に。60分のドリブルと正確なクロスでのアシストは素晴らしかった。

【PHOTO】武富がバースデー弾。自身の顔まみれの祝福を受ける
FW
9 クリスティアーノ 6
前半はチャン・ヒョンスの執拗なマークに苦しんだが、後半に壁の下を転がすFKで4点目を奪取。技ありの一発で相手の意気を消沈させた。
 
交代出場
DF
22 輪湖直樹 ―(88分 IN)
21節の鳥栖戦ぶりの出場。目立ちはしなかったものの、出番を得られなかった時期の鬱憤を晴らすように気迫を漲らせていた。
 
FW
19 中川寛斗 ―(90+1分IN)
22節の清水戦以来の出場となった。プレー時間は短かったが、精力的なプレスでアピールした。
 
FW
26 古賀太陽 ―(90+4分IN)
最終盤に登場し、無難に試合を終えた。最近は計算の立つ駒に成長し、出番が増えてきている。

監督
下平隆宏 6.5
キム・ボギョンをボランチに配置し、武富を先発起用した采配が奏功。序盤からボールポゼッションを高め、ゲームの主導権を握ることに成功した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
FC東京 4.5
序盤から相手にペースを握られ苦しんだ。不安定な守備を修正できずに立て続けに失点を重ねた。終盤にP・ウタカを中心に畳みかけるような攻撃を見せたが、時すでに遅し。完敗に近い出来だった。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 4.5
武富のミドルシュートを防げず、先制点を献上すると、後半にも3失点。悪い流れを変えるようなセーブは見せられなかった。
 
DF
5 丸山祐市 5(90+1分OUT)
伊東の突破を警戒し、太田とともにある程度防いでいた。とはいえ得意の空中戦で負けてしまっては……。厳しい評価をせざるを得ない。
 
14 チャン・ヒョンス 5(64分OUT)
堅守を築いた前節の仙台戦のパフォーマンスが嘘のよう。武富にフリーな状態でシュートを打たせた先制点のシーンなど、寄せの甘さが目立った。
 
22 徳永悠平 4.5
R・ロペスの鋭い突破とクリスティアーノの動きに翻弄された。何度もエリア内に侵入され、ピンチを招いていた。
 
MF
6 太田宏介 5(81分OUT)
前半は伊東のスピードを警戒し、良い距離感を保ちながらドリブルを封じていたものの、一瞬の隙を突かれ、クロスから決められた。自慢の左足もこの日は唸らず、精彩を欠いた。
 
8 郄萩洋次郎 5
中盤の低い位置から冷静なパス捌きを披露。とはいえ、決定機を作りだすようなラストパスはほとんど見られなかった。
 
26 柳 貴博 4(HT OUT)
R・ロペスとユン・ソギョンを捕まえきれず、スペースを与えていた。サイドを押し込まれて防戦一方だった。
 
37 橋本拳人 5(72分OUT)
先制点献上のシーンでは懸命にスライディングも届かず。後半は右ウイングにポジションを移すも、無難なプレーに終始した。
 
38 東 慶悟 5
前半早々、パスを相手に奪われて失点に関与。試合を振り返れば、相手の勢いを加速させる致命的なミスだった。
FW
13 大久保嘉人 5.5
51分、57分と2度の決定機を迎えたものの、いずれもネットを揺らすことはできず。守備ではゴール前まで戻る貢献性を見せるも、肝心の攻撃で仕事を果たせなかった。
 
15 永井謙佑 4.5
ワントップで先発するもパスがなかなか出て来ず、存在感を発揮できなかった。シャドーに移った後半も、すぐに相手の守備網にボールを刈り取られた。

交代出場
FW
9 ピーター・ウタカ 6.5(HT IN)
後半開始からピッチに立つと、巧みにパスを引き出し攻撃の起点に。75分には相手のファウルを誘いPKを獲得すると、自身で決めて一矢報いた。その存在は確実に相手の脅威になっていた。
 
FW
20 前田遼一 5.5(72分 IN)
橋本に代わって入り、シャドーの位置に。巧みなボールキープで攻撃の時間を作ったが、バックパスが多く消極的だった。
 
MF
25 小川諒也 ―(81分 IN)
投入直後にこぼれ球に反応するも、シュートには持ち込めず。流れを変えられなかった。
 
監督
安間貴義 5.5
後半開始からP・ウタカを投入し、反撃を狙ったが決定機をモノにできなかった。試合後は「後半はじめの2本の決定機のうち1本でも決まって同点になっていたら、違う展開になっていたかもしれない」と悔やんだ。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。