ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

レーバーカップでコンビ結成と大会公式ツイッターが発信

 チェコで開幕した男子テニスの「レーバーカップ」で、ついに“夢のダブルス”結成が初めて実現することになった。23日(日本時間24日)の大会第2日に世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)がコンビを組むと大会公式ツイッターが発信。即座に世界中のファンから大きな反響を呼んでいる。

 大会は欧州出身の選手と、その他の出身選手に分け、「欧州選抜VS世界選抜」の対抗戦。初日は20歳の新鋭、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と14年全米オープン覇者、マリン・チリッチ(クロアチア)がシングルスを制し、ダブルスではナダル、トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)組が好連係を見せ、欧州選抜が3勝を挙げた。

 勢いに乗りたい第2日には、シングルスでナダルとフェデラーが登場。さらに、この日最後の第8試合でフェデラー、ナダル組-サム・クエリー、ジャック・ソック(ともに米国)組の対戦が決まったと同アカウントはツイートしている。

 夢のコンビ結成に世界中のテニスファンから歓喜の声が上がっている。

世界のファン歓喜「167のタイトルのコンビ」「チケットある人は月面旅行以上のものだ」

「フェデラー、ついに!」

「13年間で築き上げたもの、167のタイトルのコンビ。レジェンドは永遠だ。フェデラーがダブルスで一緒になるなんて興奮するよ」

「今日のチケットを持っている人は、月面旅行をする以上のものだよ」

「9月に訪れたクリスマスだね」

 さまざまな表現で2人の初コンビを喜んでいる。10年以上にわたって名勝負を繰り広げた2人は、コートの同じサイドに立ち、どんなコンビネーションを見せてくれるのか。

 歴史的瞬間を世界のファンが固唾をのんで見守っている。