彼の家族の前で”浮気の証拠”を突き出す!?想像を絶する「女の復讐劇」2つ

写真拡大

女性が怒り狂ってしまうと、全てのエネルギーを復讐に捧げてしまう人がいます。
それだけのことをやってしまった、男性も悪いのですが、怒り狂った女性を止めることは不可能です。
今回は、想像を絶する「女の復讐劇」を紹介していきます。

●(1)私の名前が『○○商事』!?

『3年付き合った彼と、結婚の話も出始めていた頃のことです。
彼が買い物に行った時、他の買い物があったのを思い出し、彼に電話したら、近くから呼び出し音が…。

忘れていったんだと思い、彼の携帯を見ると私の名前が「○○商事」になっていたんです。
驚きましたよ、今まで○○ちゃんだったのに。
私がセカンド女になったのだと悟りました。

その後は、何事もなかったように過ごし、証拠集めを入念に行いました。
彼の家族とも仲良くしていたので、彼の家族との食事会の時に今まで集めた証拠の数々を、彼の家族の前で全て出してやりました よ。
彼は、真っ青になっていましたね。
彼の妹は、彼のことを嫌悪の表情で見ていましたね。

彼にはその場で別れることを伝え、彼の家族には非礼を謝って、お先に失礼しました。
その後は、彼からの連絡は全て着信拒否にしましたよ。
その時は冷静なつもりでしたが、今考えると怒り狂っていましたね』(32歳/販売)

家族に知られてしまうのが、一番しんどいかもしれませんね。
家族の前で淡々と話をされると、怖さしかないでしょう。
ただ結婚の話も出ていた時に、浮気をされると怒りも増大してしまいますよね。

●(2)新居祝いで、想い出の品

『彼の素行がおかしいと思い、浮気を疑い始めました。
彼が1人暮らししているマンションの合鍵を貰っていたので、彼が仕事中に家を捜索することに決めました。
すると引き出しから、彼の家族写真が…。

彼は単身赴任していた既婚者だったんです。
もう怒り心頭ですよ。
しかも建設中の家の図面が出てきたんです。
「そろそろ転勤になるかも…」と言っていたのは、地元に戻ることだったんです。

復讐してやろうと思いましたね。
知らないフリをして、彼との関係を続けていきました。

そんなある日、彼が『転勤になって遠距離になってしまうけど、会いに来るからこれからも付き合っていきたい』と言ってきました。
私も、『うん。待ってるね』と言い、彼は地元へ戻りました。

そろそろ引越しも落ち着いた頃を見計らって、家の図面に書いてあった住所に、彼から貰ったものや想い出の品を引越し祝いとして、送りつけてあげましたよ。
彼が愛を囁いているLINEをスクショしたものや、二人で撮った写真も一緒 に…。
もちろん顔などが分からないように、私の顔は切り抜いておきました。

その後は携帯の番号も変えたので、どうなったかはわかりませんがスッキリしました」(28歳/看護師)

自分が不倫相手であったという衝撃は、計り知れないですよね。
建てたばかりの新居で、これから幸せに暮らしていこうとした時に、浮気の証拠が送られてきては、相手はさぞビックリしたことでしょう。
しかし一歩間違うと、慰謝料の請求を受けてしまうので、ご注意を…。

----------

女性は感情的になりやすいと言われていますが、冷静に知らないフリをするところに怖さを感じますね。
男性はいつバレてしまったのか分からないので、何が起きたのかパニックになります。
逃げ道を作らない怖さが、一番怖いですね。

しかし一歩間違えると、犯罪になってしまいます。
また復讐した女性も心のダメージを負ってしまうかもしれません。

どうか復讐はほどほどに…。

(文/恋愛jp編集部)