地震グラフ(聯合ニュースTVより)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は23日、同日午後5時29分(日本時間)ごろ、北朝鮮北東部、咸鏡北道・吉州の北北西23キロでマグニチュード(M)3.0の地震が発生したと伝えた。咸鏡北道吉州郡の豊渓里には核実験場があるが、同庁の地震火山センター長は「波形を分析したところ、自然地震だった」と話している。

 震源は北緯41.14度、東経129.29度という。気象庁は地震の規模が大きくなく、観測網から外れていたことから震源の深さを明らかにしていない。

 同庁の地震専門分析官は「今回の地震は自然地震の際に表れるP波とS波がはっきりと出ている。(核実験などによる)人工地震で観測される音波も発生していない」と説明した。

 ただ、中国の地震局が今回の地震は爆発によるものと発表していることから詳細な分析を進めている。