中国の交渉はひどかった!オーバメヤングが暴露する

写真拡大

『Daily Mail』は22日、「ボルシア・ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤングは、中国との交渉はひどかったと話した」と報じた。

今夏のマーケットでドルトムントからの退団を希望していたと言われるオーバメヤング。

しかしクラブが納得する額のオファーがやってこなかったことから、今夏の移籍を断念し、チームに残っている。

唯一ドルトムントが設定した額を超えたのは中国超級リーグの天津権健であると伝えられており、オーバメヤング自身もそれを認めていた。

しかし、前回はプロとしての環境が用意されていなかったからと説明していたが、今回はさらに交渉もひどいものだったと『RMC』に語ったという。

ピエール=エメリク・オーバメヤング

「中国は真剣に取り組んでいなかった。プロフェッショナリズムが欠けていたんだよ。

彼らは我々にオファーの書面を送る約束に遅れたんだ。それはひどいことだよ」