奥原希望【写真:平野貴也】

写真拡大

ヨネックスOP、準決勝を右膝負傷で棄権…リオ五輪女王マリンと激突ならず

「なんで、このタイミングで……」――。女王は悔し涙を流しながら、棄権の理由や現状を説明した。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は23日に東京体育館で各種目の準決勝を行っているが、女子シングルスで出場予定だった世界女王の奥原希望(日本ユニシス)は、右膝の負傷を理由に棄権した。

 膝に水が溜まり、腫れている状態だという。リオデジャネイロ五輪金メダリストのキャロリーナ・マリン(スペイン)が不戦勝で決勝に進出した。奥原は、記者会見に臨み「体がダメだと訴えて来た。ケアしてもらったが、少ししか回復しない状況」と話し、悔し涙を流した。

 奥原にとっても、ファンにとっても残念な形になった。奥原にとっては、8月の世界選手権で優勝した後の凱旋試合。女王として試合に臨む姿を、国内のファンに見てもらう機会だった。会場では、奥原欠場のアナウンスに対し、悲嘆のため息が漏れた。大会は19日に開幕し、20日から本戦を行っているが、休日開催は準決勝、決勝を行う23、24日のみ。大会が終盤に入り、いよいよ大観衆の前でお披露目というタイミングでの欠場となり、奥原もファンも失望は隠しきれなかった。

膝は過去に長期離脱を強いられた箇所「手術後も同じ痛みを感じることあった」

 奥原は「なんで、このタイミングで……、良い時にケガをしてしまったり……。今回は特に、PV(世界選手権の決勝で戦ったプサルラ・V・シンドゥ)選手を破って、準決勝で(五輪)金メダリストのマリン選手と、自分がどこまでできるのか、今、世界の強豪とやりあえるところまで力を付けた自信はありますし、それをファンの皆さんの前で、生でお見せしたかった気持ちが強くて、本当にすごく残念ですし、私の試合を楽しみに今日来て下さったファンの皆様にはすごく申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔しさを表し、ファンに詫びた。

 しかし、無理はできない。奥原にとって、膝は過去に長期離脱を強いられた箇所だ。2013年に左膝、翌2014年に右膝を手術している。回復状況が気がかりだが、奥原は「手術後も同じ痛みを感じることはあった。今のところ、自分では大丈夫だと思っている」と話した。棄権は残念だが、早期の回復が望まれる。