香ばしいラードの香りに、サクサクの衣。ジューシーな肉のウマミと脂の競演。ソースをたっぷりとかけてアツアツのご飯と一緒に頬張れば……

そんな料理の味わいを想像するだけで唾液が溢れてくる料理の1つと言えばトンカツだ。

日本全国に数多のトンカツ店があり、そのお店そのお店が独自の工夫を凝らしており、一番美味しいトンカツを決める事は難しいに違いない。

例えば、蒲田の名店「丸一」や同じく蒲田で人気の「檍(あおき)」、そして浅草橋の「丸山吉平(まるやまきっぺい)」などは、林SPFという豚肉ブランドを知っている方からすれば、当然おいしいトンカツ店と言えるだろう。

また、東京・秋葉原の名店といえば「丸五(まるご)」であるし、トンカツ発祥の地といえば、東京・銀座の煉瓦亭(れんがてい)である。さらには、ミシュランの星を獲得した絶品のトンカツを味わえるお店、世田谷区玉川の「大倉」も捨てがたい。

もちろん東京だけではない。例えば、広島のソウルフードの1つといってもいいほどの名店「肉のますゐ」のトンカツに、長野県木曽町にひっそりとたたずむ「しらかべ」のパンケーキのようなトンカツ、そして新潟タレかつ丼発祥の店、新潟県・新潟市「とんかつ太郎」など、全国に目を向ければ、数え上げる事すら難しいのだ。

そんな数あるトンカツの名店の中から、今回は上野・御徒町界隈で行列の絶えないトンカツ店をご紹介したい。

お店の名前は「山家(やまべ)」。

・上野御徒町の商店街に突如として現れる行列、それが「山家(やまべ)」の目印
御徒町から上野に通じる路地のうち、山手線の外側の路地を御徒町から上野に向かって歩くとすぐに行列があることに気がつく。

その行列があるお店こそ、今回ご紹介するお店「山家(やまべ)」だ。

こちらのお店、外側に行列ができている、ということは、店内に10人以上の人が待っているということだ。つまり行列が少ないからといっても、すぐにお店でトンカツを味わえる訳ではないので、注意が必要だ。

昼時の2時を過ぎても席についてトンカツにありつくまでに30分以上待つという程の人気店のため、訪問する時間については気をつけておきたい。

・抜群のコスパ!質・量ともに最高!
こちらのお店が人気となっている理由は、そのトンカツを味わってみれば分かる。

ゆっくりと時間をかけて揚げられたトンカツは提供前に少し休ませている。

油の中でしっかりとアツアツになったトンカツは肉汁が外側に溢れてしまいがちだ。そのアツアツのウマミをしっかりとトンカツ全体に行き渡らせるために休ませ、絶妙の頃合いを見計らって包丁でサクサクと小気味よく切っていくのだ。そんな所作そのものすら、美味しいと感じられる。

そんな流れるような所作で提供されるトンカツは、美しいの一言。

まずは何も付けずに味わってみてもらいたい。ジューシーな豚肉の味わいに、豊かなコク、そして噛み締めるごとに溢れる肉汁は妖艶な甘みすら感じる。


・トンカツ以外の脇役も完璧
ご飯、キャベツのボリュームはもちろん、そのクオリティも非常に高い。

絶妙な加減で炊かれたご飯の上に、ソースをたっぷりと付けたトンカツをのせて頬張る。

これぞトンカツの醍醐味と言っても過言ではない。

もしかしたら、トンカツをたくさん食べると口の中をサッパリとさせたい、そんな風にかんじるかもしれない。

そんな事すらこちらのお店では予想されている。箸休めとなっている漬け物には、しっかりと柚子が効いており、口の中をリフレッシュしてくれる。

シジミを別にして煮えすぎを押さえた味噌汁も非常に素晴らしい味わいだ。

素晴らしいクオリティとボリューム、そして抜群のコスパで味わえるトンカツは、上野・御徒町に「山家(やまべ)」アリ!と言わしめるほどの味わい。

もし上野・御徒町周辺に行く事があるのであれば、こちらの「山家(やまべ)」を訪れてみてはいかがだろうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 とんかつ 山家 (やまべ)
住所 東京都台東区上野6-2-6 胡同ビル 1F
営業時間  11:00〜15:00 / 17:00〜21:30
定休日 なし