バルサMF、ネイマール放出「判断ミス」と公然批判 「サッカー界で最も良いヤツの一人」

写真拡大

ラキティッチが移籍したネイマールについて言及 「本当に辛い。素晴らしい人間だからだ」

 バルセロナは今季リーグ開幕5戦全勝で首位を独走する快調な滑り出しを見せているが、今オフの移籍市場でブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれるなどクラブ首脳は補強戦略の問題でサポーターから非難を受けている。

 そんななか、バルサ中盤のキーマンが強化部のネイマール放出について「判断ミス」と公然で批判している。英公共放送「BBC」のインタビューで語った。

 PSGに市場最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)で加入したネイマールだが、バルサの選手はやはりその放出を痛手に感じているようだ。

「個人的には本当に辛いことだ。彼が最高の選手の一人というだけではない。自分にとっては素晴らしい人間だからだ。彼はドレッシングルームでも本当に重要な存在だった。僕が知るなかで、フットボール界で最も良いヤツの一人なんだ」

 こう語ったのはクロアチア代表MFイバン・ラキティッチだ。ネイマールは、17日のリヨン戦(2-0)でFKやPKキッカーを巡ってウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと衝突したが、バルサのチームメイトからは人間性も含めて高く評価されている。

本音は…「彼にはチームにいてほしかった」

 さらにラキティッチは、ネイマールを放出したクラブに対して「自分にとって、これは本当に判断ミスだ。彼にはチームにいてほしかった」と言及。ブラジル人アタッカーの放出は“判断ミス”と断言した一方、活躍の場をフランスに移した僚友への名残り惜しさを口にするなど本音を垣間見せている。

 今夏の補強政策の物足りなさから、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の退任を望む声がサポーターの中で根強いものになっている。チームは開幕5連勝と好調をキープしているが、ラキティッチはクラブ首脳のネイマール売却という判断に関して大きな疑問を呈していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images