出会いを求める際に、大事になってくるのが“会話力”ですよね。
LINEで気になる人とやり取りをする際も、どんな風にメッセージのやり取りをすればいいのか、
悩んでしまう女性って少なくないのでは?

会話が弾めば、相手に興味が湧いて異性として意識しやすいものです。

でも、口下手だと会話力が大事だと分かっていても、
思うように会話が弾まずに悩んでしまうこともしばしば。
そこで今回は口下手でも実践できる、異性との会話を弾ませるテクニックについてご紹介します。

笑顔で挨拶するのを心掛ける

人と話すのが苦手な人に向けて、よく「挨拶をすることから口下手を克服してみよう」という、
ポイントが挙げられるものです。
でも、口下手の自覚がある人ほど、まず人に話しかけるということが、
そもそも苦手な人が圧倒的に多いのでは……?

それでも挨拶をするということは、相手との距離を縮めるきっかけになるだけではなく、
自分の印象を良くする、という大きな効果があります。

もしあなたが「たかが挨拶くらいで……」と感じているなら、
まずは挨拶の重要性を理解することで、
「挨拶をしよう」という気が起こりやすくなるかもしれません。
特に相手と初対面であればあるほど、
「おはよう」「お疲れ様です」といった挨拶を心掛けることで、
相手にしっかりとした人という印象を与えることができそう。

またこの時、相手に笑顔を向けることを忘れずに。
無愛想に挨拶をしてしまっては、相手は威圧感を感じてしまい、
かえって悪い印象を与えかねないものです。
異性としての自分の魅力を少しでも高めるために、
初対面時はできるだけ笑顔で挨拶をするということを意識してみてください。

共感したことに反応してあげる

次は肝心の会話の仕方です。
でも、口下手の自覚のある女性の場合、自分から話題を振ることはちょっと難しいですよね。
そのため相手の話を聞くという、聞き役に回る女性が多いのでは……?

聞き役で大事なのは、相手の話に対してきちんとリアクションを取ってあげることです。
自分の話に対して「うんうん」「そうだよねえ」と、相手が相槌を打ってくれて、
自分の意見に共感してくれると、話している方は気持ちがいいもの。

でも、あからさまに相槌を打ったり、相手の意見に共感する態度を取っても、
相手は「自分に合わせてくれているんだな」と感じてしまい、
どこか他人行儀な印象を与えかねないものです。

ポイントは相手の共感することに対して、素直に反応してあげること。
「私もそう思う」ということをきちんと意思表示することで、
あなたの性格やタイプ、人柄が相手に伝わりやすいはず。

おかげで相手も相性の良さを実感しやすいのでは?

相手の意見を受け入れてあげる

一般的に理想的な会話は、話し手が6、聞き手が4と言われています。
始めのうちは7対3でも構わないので、相手の話に対して感じたことを口にしてあげるだけでも、
自分の印象はだいぶ変わるはずです。

この時ちょっと気を付けたいのが、相手の意見を一度受け入れたうえで、自分の意見をいう事。
真っ向から相手の意見を否定してしまうと、
相手はあなたの意見を受け入れづらくなってしまいますからね。

おわりに

とはいえ、まったく知らない相手に対して、
常に居心地のいい会話を築くことは難しいものです。

ただ、こうしたポイントを頭のなかで意識できるかどうかで、
異性との会話が楽しいものに変わる可能性はグンとアップするはず。
今まで意識したことがなかった女性は、ぜひ注意してみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)