攻撃陣躍動の柏、武富の2ゴールなどで4発快勝! FC東京は連勝ならず

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第27節が23日に行われ、柏レイソルとFC東京が対戦した。

 序盤から試合の主導権を握った柏は28分、ペナルティエリア手前でルーズボールを拾った武富孝介がゴール正面から左足で狙う。低い弾道のシュートがゴール左下に吸い込まれ、先制点となった。

 後半に入るとピーター・ウタカを投入したFC東京がやや押し気味に試合を進めたが、ゴールを奪ったのは柏だった。60分、左サイドを突破したハモン・ロペスのクロスを伊東純也がヘディングで叩き込んだ。

 これで勢いを取り戻した柏は67分、武富が伊東とのワンツーでエリア内右に侵入すると、右足のシュートをゴール右上に突き刺して3点目が決まる。さらにその2分後には、エリア手前やや右寄りからのFKをクリスティアーノが低いシュートで直接決め、4−0となった。

 FC東京は75分、P・ウタカが自ら倒されて得たPKを決めて1点を返したが、反撃もここまで。このままタイムアップを迎え、ホームの柏が4−1で勝利を収めた。

 次節、柏は30日にヴァンフォーレ甲府と、FC東京は同日にジュビロ磐田と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
柏レイソル 4−1 FC東京

【得点者】
1−0 28分 武富孝介(柏)
2−0 60分 伊東純也(柏)
3−0 67分 武富孝介(柏)
4−0 69分 クリスティアーノ(柏)
4−1 75分 ピーター・ウタカ(PK)(FC東京)