9月22日にカナダ・モントリオールで開催されたオータムクラシック男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は首位発進。10日前に右膝に痛みが出たために大事をとり、右足で踏み切る4回転ループを回避したものの、4回転サルコウと4回転トーループ+3回転トーループ、トリプルアクセルというジャンプ構成で臨んだ。


今シーズン初戦のSPでいきなり歴代最高得点を更新した羽生結弦

 この日の羽生は終始冷静だった。第2組2番滑走だった夜の演技の6分間練習では、最初に跳んだトリプルアクセルの着氷で手をついたが、少し時間を空けてから跳んだ次の4回転トーループからの連続ジャンプは、セカンドの3回転トーループをきれいに決めた。そして、4回転サルコウも余裕を持ってきれいに決めるとジャンプの練習はやめ、スケーティングを確かめていた。

 演技を終えた前の滑走者のジョルダン・ドドス(オーストラリア)と入れ代わるようにリンクに上がると、最初に6分間練習で失敗したトリプルアクセルをきれいに決め、その後はトーループへの入りの軌道と、サルコウへの入りの軌道を確かめ、静かな表情で名前がコールされるのを待っていた。

 出だしは、静謐そのものだった。彼が初めてこの『バラード第1番ト短調』をSPのプログラムとして選んだシーズン、「ピアノの音をしっかり表現したいからこそ、静かな調べで始まる曲の雰囲気を壊さないために、滑り出しは氷をガリガリかかないで、音もなく滑り出すような演技をしなければいけないと思っている」と話していたのを思い出す冒頭の滑りだった。

  自分の感情を表面に出すのではなく、音の流れに任せて滑り出し、そのままの心の中の静けさを表現して、ジャンプに挑む。最初の4回転サルコウを力むことなくきれいに決めると、その流れを次のフライングキャメルスピンにつなげる。続くチェンジフットシットスピンで徐々にスピードを上げ始めると、その流れからトリプルアクセルを軽やかに決め、続く4回転トーループからの連続ジャンプも完璧に決めた。

 その連続ジャンプは、シーズンオフのアイスショーで何度か見たような力強さを前面に押し出すものではなかった。そして次のステップシークエンスも感情の発露を少し抑える雰囲気で丁寧に滑ると、最後はチェンジフットコンビネーションスピンで締める。「丁寧にやろう」という気持ちを強く感じさせる演技だった。

 得点は、自身が2015年のグランプリファイナルでマークした世界歴代最高得点の110・95点を上回る、112・72点の新たな歴代最高得点。

 スピンとステップはすべてレベル4の評価を受け、冒頭の4回転サルコウと後半最初のトリプルアクセルはジャッジ7名全員が出来栄え評価のGOEで満点の+3点を並べるジャンプ。4回転トーループ+3回転トーループもふたりが+2点とした以外はすべて+3点で、2・80点の加点になるほぼ完璧な出来だった。

 しかし、羽生はその得点に驚きの表情は見せなかった。

「前のグループで滑ったハビエル(・フェルナンデス/スペイン)が101・20点を取った段階で、『自分のベストは110点』ということを頭の中に入れてやっていた。冷静に考えてみれば、あの時(2015年)は前半に4回転をふたつ入れていたので、それとはまったく違うと思っています。自分の中ではぜんぜん違うレベルのものをやっていると思いますし、実際、トーループはターンから入って、両手も上げて跳んでいますから。そういうところも成長できているので、感触としては『いい演技ができれば自ずと点数は出る』と思っていました。この曲のプログラムで110点を2回とっているので、自信を持って滑れたのかなと思います」

 得点ということで考えてみれば、昨シーズンのプログラムをノーミスでやっていれば当然のように自己最高記録は更新していたはずだ。そんな思いもあるだろう。そして、今回は、右膝の痛みで4回転ループを封印したように、無理のできない状態でもある。

 だからこそ、この日のSPは「この曲を聴き込んでいるというのはもちろんあるし、自分がやりたいと思っていたこのバラード第1番の表現としては静かなところから段々と、ふつふつと沸き上がってくるようなものを目指してやることでした。その意味では一つひとつを丁寧に、と思ってやりました」という演技になった。

 この日の羽生の心の中をそのまま表現するような演技。羽生は自然体ともいえる挑戦で、自身の今季のスタート地点のレベルの高さを世界に見せつけた。

■『ファンタジー・オン・アイス オフィシャルフォトブック2017』 好評発売中!!
羽生結弦ほか世界トップのスケーターの演技を収録!
詳しくはこちらから!>>

photo by Noto Sunao

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>