<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 3日目◇23日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>
日本とアジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」の第3ラウンド。全選手がこの日の競技を終了。初日、2日目と首位を守っていた高山忠洋は3バーディ・5ボギーの“73”と2ストローク落としてフィニッシュ。トータル12アンダーでトップはキープしたが、タイの24歳プーム・サクサンシンが“67”と4つスコアを伸ばし浮上。首位に並ばれ最終日を迎える。

1打差3位タイにこの日のベストスコアとなる“66”をマークした片岡大育。4打差4位タイに今平周吾、コウ・ケンギョウ(台湾)が続いている。
2週連続優勝がかかる池田勇太はこの日“75”と振るわず、トータル3オーバー49位タイに後退。賞金ランク2位の宮里優作も2ストローク落とし、トータルイーブンパー37位タイでムービングデーを終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹の順位は?プレーオフ最終戦リーダーボード
ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集!石川遼のスコアはこちら
高山忠洋、“いい記憶”を引きずらず2位に6打差つけて独走状態に
手の腫れに、肉離れも…、高山忠洋が満身創痍でも出場を決めた理由
宮里藍、笑いと涙のラストゲーム!4日間をLIVEフォトで振り返る