柴犬と人間との関わり合いの歴史は古く、縄文時代から日本人のパートナーである猟犬として活躍してきたといわれています。そんな古くからいる柴犬ですが、柴犬は他者との間に独特な距離感を持つといいます。そんな距離感を柴犬愛好家の間では「柴距離」というそうです。

柴犬の特徴や魅力

「柴距離」について知る前に、柴犬の特徴を見てみましょう。一般的に柴犬は以下のような特徴を持っているといわれます。

恐れ知らず警戒心が強い自信満々リーダーに従順愛嬌がある鋭敏で聡明

柴犬は日本の天然記念物に指定されている6種の「日本犬」の1犬種です。日本犬の中では唯一の小型犬であり、日本における飼育頭数は最も多いといわれています。そんな日本犬の中では小柄な犬種とされていますが、その小柄な体からは想像できないような「恐れ知らず」「強い警戒心」「自信満々」といった力強い要素を持ち合わせています。

古くから勇敢な猟犬として活躍してきたこともあり、絶対的なリーダーに対する「誠実さと従順さ」は抜群です。「愛嬌がある」といった一面は、そんな絶対的なリーダーへのみ見せる姿でもあります。また、優秀な猟犬として活躍してきた柴犬は、自分で判断して行動する「聡明さ」も持ち合わせています。「鋭敏」で「警戒心が強い」といった要素は、他者に対する強いテリトリー意識をもたらします。これらの要素もあり、初めて犬を飼育する人には向かない犬種だと言われています。

「柴距離」って?

その特徴が表すように、柴犬は一般的な愛玩犬とは異なり、扱いにくい性格だと言われています。一方、扱いにくいと言われる理由でもある「聡明さ」や「頑固」な一面は、人間に依存せずに自立して他者と距離をおくことができるといった柴犬の「優秀な要素」であるとも言えます。

そんな柴犬の他者と距離をおくことができるという一面は、人間だけではなく犬同士でも表れます。初対面の相手には警戒心が強く、他者には簡単には心を開かないといった点以外にも、例えば相手の犬がどんなに仲が良い相手だとしても、少しはしゃいだら、すぐに飽きて距離を取るそうです。

柴犬には、こういった他の犬にはあまり見られない「距離感」を意識させる面があります。この独特な距離感を柴犬愛好家の間では「柴距離」と呼ぶそうです。この柴距離も柴犬の大きな魅力として語られることが増えています。

柴犬を飼育する際の注意点

飼育環境

その独特な距離感を保つことができる柴犬は、物覚えがよく、賢い犬種です。距離感の扱いができる分、主従関係も重んじる傾向にあります。そのため飼い主は絶対的に信頼できるリーダーになる必要があります。子犬の頃から信頼関係の上に成り立った主従関係を作ることが大切です。

また、柴犬は自分の時間を過ごすことができ、そういった時間を好む傾向にあるため、飼い主の不在にも慣れやすいといわれています。強いテリトリー意識と警戒心を持っているため、番犬として室外での飼育をする方が多いようです。室外での飼育の場合も確実なしつけと関係性づくり、運動は欠かさすことはできません。

なお、被毛は短毛ではありますが、普段から抜け毛が多く、換毛期は驚くほど抜け毛が多いため、週に2〜3回のブラッシングが必要です。

病気

柴犬は「皮膚疾患」の多い犬種だといわれています。原因は内分泌疾患、真菌、食物・接触アレルギー、アトピーといったように、様々な要因がもとに皮膚疾患が起こります。これらの予防として「ブラッシングをこまめに行うこと」「生活環境を清潔に保つこと」を覚えておきましょう。また、アレルギーやアトピーについては、きちんと動物病院での検査を行ってあげましょう。

皮膚疾患以外には「痴呆」の症状も起こりやすいとされています。予防としては、高齢犬になっても「好奇心を刺激すること」「散歩に連れ出すこと」があげられます。

まとめ

柴犬独特の要素や距離感からも根強い人気を誇る柴犬。日本の古代犬種として、古くから人間との関係性を築いてきました。そんな柴犬は日本のみならず、アメリカでも「SHIBA」と呼ばれ愛されています。

飼育が難しい犬種であると言われていますが、犬との間に規律を持った関係を築ける方には、一生のパートナーになってくれること間違いなしです。独特な「柴距離」を感じてみてはいかがでしょうか。