トイプードルの首輪のメリットとデメリットは?

散歩をするときに使用する首輪、トイプードルにとってはどのようなものが良いのでしょうか。首輪を使うことのメリットとデメリットをまとめてみました。

首輪のメリット

トイプードルに首輪を選ぶメリットは、散歩のマナーなど、しつけをするとき良いことです。母犬は子犬に危険などを教えるときに首を噛んで教えます。首輪は、首部分に刺激を与えるため、母犬の与えるサインに似ていて覚えやすいといわれています。また、飼い主がリードを引っ張る力が伝わりやすく、指示が犬にわかりやすいのが特徴です。

首輪のデメリット

トイプードルに首輪を選ぶデメリットは、首が絞まりすぎて咳き込んだり、呼吸器系に負担がかかったりする場合があることです。また、首輪のサイズが合っていない場合や、首から頭にかけて細いプードルは、首輪が首から抜けやすいため注意が必要です。

トイプードルのハーネスのメリットとデメリットは?

ハーネスは犬の胴体に着せるものです。ハーネスの特徴をまとめました。

ハーネスのメリット

トイプードルがハーネスを使用するメリットは、首輪のように首が絞まることがなく呼吸器系に負担が少ないことです。ハーネスは胴体に装着するので広い範囲に力が分散し、首輪に比べて負担が少なく安心して使用出来ます。

ハーネスのデメリット

トイプードルがハーネスを使用するデメリットは、しつけをするのが難しい点です。首輪と違って、飼い主の方の指示が伝わりにくいことがあります。例えば引っ張り癖のあるトイプードルを注意しようと飼い主がリードを引いて伝えても、首輪より身体にかかる負担が少ないため、犬はなかなか気が付きません。

トイプードルは首輪とハーネスどちらが良いか比較!!

首輪やハーネスの特徴をまとめましたが、どちらが良いのかを比較してみました。

散歩などのしつけには首輪の使用がおすすめ

散歩などのしつけをするときは、首輪の方が適しています。飼い主の指示が伝わりやすいのは首輪です。いけないことや危険な行動をしないように、リードを引っ張り首に刺激を与えて指示を出します。特に、トイプードルが危険な行動をしそうなときには、きちんと指示が伝わらないといけないので首輪が良いでしょう。
散歩中に気を付けたい以下の項目のしつけは重要です。

急な飛び出し拾い食い他の動物とのけんか無駄吠え引っ張り癖

首輪を使用して、飼い主の指示を聞くよう散歩のマナーをしつけましょう。

呼吸器系が弱いトイプードルにはハーネスがおすすめ

呼吸器系が弱い、呼吸器系の持病などがあり首に負担をかけたくないトイプードルには、首輪よりハーネスの方がおすすめです。リードが引っ張られることにより、首輪で首が絞められたり、首に強い付加がかかったりする可能性があるからです。トイプードルは、気管虚脱などの呼吸器系の病気になりやすいので、出来るだけ首に負担の少ないハーネスの使用がおすすめです。

高齢や身体に障害があるときは介護用ハーネス

高齢のトイプードルや身体に障害のある犬には、介護用のハーネスがあります。高齢で足腰が弱くなりふらつくような場合、それをサポートするハーネスが市販されています。身体の広い範囲を支えることが出来るようになっていて足腰の負担が少なくなるよう設計されています。また、後ろ足に装着するハーネスもあります。障害や病気などで後ろ足に負担のかけられない場合に使用するとよいでしょう。

トイプードルが首輪やハーネスを使用するときの注意点

トイプードルの首輪やハーネスの使用時に気を付けることについてまとめました。

トイプードルが首輪やハーネスをつけた場合は、日頃のブラッシングケアの際に留意することがあります。トイプードルの被毛は絡まりやすく毛玉になりやすいため、首輪やハーネスが当たっていた部分の被毛は絡まったり切れてしまったりしています。ブラッシングをする際には、首輪やハーネスを外してから行うなど気を付けましょう。

また首輪やハーネスは、外れないように犬に合ったサイズを使用しましょう。おしゃれな首輪やハーネスが数多く市販されていますが、見た目やデザインに気を取られ、使用中に壊れてしまったり、外れてしまったりしたら問題です。実用性と機能性を考慮して選びましょう。外れやすい首輪やハーネスはとても危険です。散歩中に首輪やハーネスが取れてしまい迷子になったり、道路に飛び出して交通事故にあってしまう危険性があります。初めて使う場合は、首輪やハーネスが外れないか、家の中で念入りに確認してから使用するのが良いですね。

また、万が一外れてしまったときのために、「マテ」などの静止ができるようにしつけをしておきましょう。

まとめ

トイプードルに使用する首輪やハーネスにはそれぞれメリット・デメリットがあります。トイプードルに首輪を使用するメリットは、飼い主の指示が伝わりやすいためしつけをするときに良く、デメリットは首に強い付加がかかって呼吸器系を傷つけてしまう恐れがあることです。ハーネスのメリットは首にかかる負担が少ないこと、しかし飼い主の指示が伝わりにくいため、しつけの入っていないトイプードルにはむいていないというデメリットがあります。

しつけが入りやすい首輪と、トイプードルの細い首に負担の少ないハーネスを、成長段階やしつけ、レジャーなどの用途に分けて使用してもよいかもしれません。そして首輪にもハーネスにも、万が一に備えて迷子札をつけることをおすすめします。