“死体のオナラでジェットスキー”はどう生まれた? 『スイス・アーミー・マン』監督インタビュー

写真拡大

 『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが死体役で主演を務める映画『スイス・アーミー・マン』が9月22日より公開された。本作では、遭難して無人島に行き着いた青年ハンクが、様々な便利機能を持った死体メニーと出会い、力を合わせながら故郷に帰ろうとする模様が描かれる。リアルサウンド映画部では、MVディレクターを経て、本作で映画監督デビューを果たしたダニエルズ(ダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン)の2人にインタビューを行い、独創的なアイデアが生まれた背景や、撮影時のダニエル・ラドクリフのエピソード、そしてコンビで監督を務めることのメリットなどについて話を訊いた。

参考:ポール・ダノが美声を披露!? 『スイス・アーミー・マン』音楽制作の舞台裏捉えたメイキング映像

ーー今回の作品のこの非常に独創的なストーリーのアイデアはどのようにして生まれたのでしょうか。

ダニエル・シャイナート(以下、シャイナート):これは実際にあった話なんだよ! というのは冗談で(笑)、僕たちはMVを作っていた時代、すごくバカなことをやりたくて、いろいろなことを試していたんだ。当時は自分たちで「これはかなりイケてるな」と思いながら作っていたんだけど、数ヶ月経つと何だか恥ずかしい気持ちになってしまうことが多かった。そこから何で自分たちはバカなことをやりたいんだろうと模索し始めて、そこで気がついたのが、僕たちが考えるジョークは自分たちの深層心理だということだった。だから『スイス・アーミー・マン』は、ある意味で僕たちのセラピー的な作品でもある。自分たちの最もバカなアイデアを何年もかけて理解しようとした結果なんだ。最初は“オナラをする死体”というひとつのジョークから始まったんだけど、それが恥ずかしいという気持ちや、生と死というテーマを持った作品になっていったんだ。

ダニエル・クワン(以下、クワン):人前でオナラができなかったり、トイレに行けなかったりするところからきているんだよね。そういう意味では、実体験から生まれた作品とも言えるんじゃないかな。

ーーDJスネーク&リル・ジョンの「Turn Down for What」やフォスター・ザ・ピープルの「Houdini」など、過去にあなたたちが制作してきたMVと今回の作品には、共通する部分もありますよね。

シャイナート:これまで僕たちが制作してきたMVでの経験は、今回の作品にいろいろな形で反映されていると思うよ。『スイス・アーミー・マン』の脚本は2011年頃から書き始めたんだけど、それ以降に撮ったMVは、ある意味この作品のアイデアをテストしているようなところもあったんだ。たくさんのバンドを騙してね(笑)。体を使ったギャグや森の中での撮影……。

クワン:スタントや火を使った撮影もそうだね。学校やコースとかではなくて、実際に現場で学べたことも大きかったね。

シャイナート:脚本をより良いものにするための作業でもあったんだ。視覚的なギャグで終わらせるのではなく、それ以上のものがある作品にしたかったから、いろいろなことを試行錯誤するという意味で、MVの経験は非常にいい形で映画制作に結びついたと思うよ。

ーーということは、MVのディレクターをしていた頃からずっと映画を撮ろうと考えていたんですね。

シャイナート:そうなんだ。僕たちはコラボレーションを始めた2009年頃から、一緒に長編映画を作りたいとずっと考えていたよ。ただ、初長編監督作をどんな作品にするかはずっと模索し続けていて、実は『スイス・アーミー・マン』の前に別の脚本も書いていたんだけど、結果的に『スイス・アーミー・マン』をやることにしたんだ。より僕たち自身がどういう人物かを表している作品だと感じたからね。

ーーアメリカでMVディレクター出身の映画監督というと、デヴィッド・フィンチャーやスパイク・ジョーンズなどがいますが、彼らから影響を受けたりもしているんでしょうか?

クワン:まさに影響を受けているよ。僕たちはMVディレクターから映画監督になった素晴らしい先人たちの足跡を追っているようなところがあるから、デヴィッド・フィンチャーやスパイク・ジョーンズはもちろん、ミシェル・ゴンドリーやクリス・カニンガムからも大きな影響を受けているよ。彼らはMVでの経験、そしてMVが与えられる経験というものを、映画を通してさらに大きなものに転化させることに成功しているからね。僕たちのこの作品も、彼らが生み出してきたような素晴らしい作品になればいいなと思っているし、これから作る作品も同じような気持ちで作っていきたいね。

シャイナート:それにアニメーションからも大きなインスピレーションを受けているんだ。僕たちは宮崎駿監督が大好きで、彼の全作品から大きな影響を受けているんだけど、彼のような美しいアニメーションを撮る監督、それに自分たちの周りにいる、インディーズでアニメーションを作っている友人たちからもインスパイアされているよ。「これは実写では不可能だ」と思われるようなことを、あえて実写でやってみたいという気持ちを僕たちは強く持っているんだ。例えば『スイス・アーミー・マン』でいうと、冒頭の死体ジェットスキーなんかがそうだね(笑)。

ーーその死体ジェットスキーのシーンをはじめ、映画の中ではある意味不謹慎とも言えるような様々な描写が登場します。主演のダニエル・ラドクリフとポール・ダノは出演オファーをすんなりと受け入れてくれたんですか?

シャイナート:2人とも脚本を読んでものすごくワクワクしてくれて、やる気に満ち溢れていたぐらいだよ。特にオープニングの死体ジェットスキーのシーンは、スキーに乗る方も、そしてスキーになる方も、自分が役者としてこの役をやらなかったら、一生後悔するとまで思ってくれたみたいなんだ。

クワン:とは言っても、僕たちからしたら彼らと無事契約を交わしたはいいけど、アイデア自体はクレイジーなわけで、実際に撮影に入る前に少し恐くなったのも事実だね。ポールに関しては、脚本を読みながら、彼自身が感じたことをコメントしてくれたんだ。彼自身の視点、そして彼が演じたハンクの視点で見たときに成立するような内容でなければいけなかったから、それは僕たちにとっても非常に大きな助けになったよ。言い換えれば、ポールが感じていた恐怖がプラスに作用してくれて、より良い映画になったということだね。ダニエルに関しては、一瞬ちょっと恐かったと思う瞬間があったと言っていたよ。彼が演じるメニーがゾンビなのかモンスターなのか、どういう方向で演技をしていいか悩んだことがあったらしいんだ。でもすぐにその恐怖はなくなったみたいだったけどね。

シャイナート:2人に共通しているのは、現場でのコラボレーションを愛していること。だから僕たちも彼らがやりやすいように、お互い話し合いながら作品を作っていったんだ。

ーーあの『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフが、カッター、髭剃り、水筒、銃などの様々な便利機能を持った死体のメニー役として、今回ものすごい体を張っていますよね。彼が「これはちょっと……」というように尻込みをするシーンはなかったのでしょうか?

シャイナート:実はそれが真逆で、ダニエルはとにかく何でも自分でやりたいと言ってくれたんだ。メニーが火だるまになるシーンでも、彼はスタントを使わずに自分でやりたがったから、さすがにそれはダメだと僕たちが説得しなければいけないレベルだった。確かにとんでもないシーンもたくさんあるんだけど、ダニエルはすべてのシーンを自分にやらせてくれという感じで、壊れていたんだ(笑)。コラボレーターとしては本当に最高だったよ。ダニエル自らが凍るような海の中にずっと身を沈め続けている姿を見たスタッフたちも、「子役としてあれだけ稼いだダニエル・ラドクリフがあれだけ体を張っているんだから、自分たちも頑張らないと!」という感じで士気が上がっていったから、僕たちにとってもすごく助かったね。

ーーちなみに、あなたたちは2人とも「監督・脚本」としてクレジットされていますが、作業分担はどのように?

シャイナート:僕は脚本を書くのはものすごく早いんだけど、あまり良質なものを生み出すことができない。だから、僕が書いた脚本をクワンに直してもらっているんだ。その修正作業はものすごく遅いスピードなんだけどね(笑)。現場ではクワンがモニターを見ることが多くて、小道具やスタントなどの各部署と次のシーンのための作業を話し合うのが僕という役割分担だね。だからすべてを一緒にやるというわけではなく、割と細かく作業分担をして、お互いの弱点を克服し合っているんだよ。

ーー2人だからこそできている部分も大きいわけですね。

クワン:僕らをひとりずつに分けてしまったら、監督としてはイマイチかもしれない。でも、2人を合わせれば何とかいけるぐらいにはなるんだ。

シャイナート:映画作りは、実は観客が思っている以上にコラボレーションで作られている。そんな中で監督が2人いると、より謙虚でいられることにも繋がるし、他のスタッフたちにとっても、より一緒に作っているんだという一体感が生まれるような気がするんだ。現場に2人の監督がいることによって、ひとりが牽引しているわけではないという空気を作ることできるというのも大きなメリットだね。

クワン:それに、もしひとりで監督をしていたら、この作品がコケてしまった時は自分の監督人生が終わってしまうという恐さがあったと思う(笑)。2人でやっていたからこそ、より大胆になることができたし、リスクをとることができたんだ。

シャイナート:でも基本的にほとんどの作業をやってくれたのは彼だよ。僕はただ彼を説得しただけだからね(笑)。(宮川翔)