門脇麦

 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で初めて歌手役を演じた女優の門脇麦が23日、都内でおこなわれた同映画の公開初日舞台挨拶に出席した。

 映画は、東野圭吾原作の小説を映画化したもの。今は空き家であるはずのナミヤ雑貨店を舞台に、32年前の手紙が繋ぐ一夜の奇跡を描くストーリー。主演を務めるのはHey! Say! JUMPの山田涼介で、主題歌には山下達郎の「REBORN」が起用。門脇はシンガーソングライターのセリ役として、劇中で同主題歌を歌っている。

 舞台挨拶には山田と西田敏行、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、廣木隆一監督も登壇した。

 門脇は手紙にまつわるエピソードとして、心情を明かすことができなかった思春期に、接する時間が合わなかった母親とのコミュニケーションとして毎晩のように手紙をやり取りしていたことを明かし「きょうあったことを書いて、朝になると母親から返事が来ていて。よくやっていました」と紹介。

 最近、その手紙を読み返す機会があったようで「今読み返すと面白くて、やりとりしていて良かったなと思いました」と振り返っていた。【取材・撮影=小池直也】