セルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、FWセルヒオ・アグエロを称賛した。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 2011年からシティでプレーするアグエロは、今シーズンも開幕から順調に得点を重ねており、これまでに決めた得点は175ゴール。あと2ゴールでエリック・ブルック氏のクラブ最多得点記録に並ぶことになる。

 グアルディオラ監督は、「我々にできることは、彼を自分たちのやりたいスタイルに引き込むため説得することだけだ。私はプレーに関与するストライカーが好きなんだ。私が守備だけをするCBを好まないように、ストライカーもプレーに関与してほしい」とコメントし、こう続けた。

「世界中のサッカー選手は、一つの理由のもとにサッカーをしている。ボールを使うことだ。特に子供のときはそうだね。ボールがある練習は楽しくできた。セルヒオもそうだ。ただ、彼の特長はゴールを決めることにある。彼の母と父が彼にその才能を与えた。彼は死ぬまでゴールを決め続けるよ」

 アグエロの得点数については、「記録は破られるものだ。どこで? それは分からないが、ホームならなおさら良いかもしれないね」と話した。

 シティは23日、ホームでクリスタル・パレスと対戦する。

text by 編集部