復活のファルカオ、リーグ戦7試合で11ゴール…“エル・ティグレ”の脅威再び

写真拡大

モナコに所属する31歳のベテランFWラダメル・ファルカオの勢いが止まらない。

モナコは22日、リーグ・アン第7節でリールと対戦。ステファン・ヨベティッチの加入後初ゴールでモナコが先制すると、2点リードの後半には“エル・ティグレ”の咆哮が聞こえてくる。48分にはシュートのこぼれ球に嗅覚を発揮し、ヘディングで押し込む。73分には得意のPKを沈めて4−0の快勝に貢献した。

勝ち点3を加えたモナコは、暫定ながら首位のパリ・サンジェルマンと勝ち点18で並んだ。

また、ファルカオはリーグ戦7試合で11ゴールをマーク。2位のパリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニは7ゴールで、大差を付けて得点王レースの首位をひた走っている。26日にはチャンピオンズリーグで、古巣のポルトと対戦するが、再びエル・ティグレは吼えるか。