指揮官コンテ「彼の功績は称賛に値する…恨みはない」退団D・コスタに感謝の意

写真拡大

今シーズン、チェルシーで戦力外となっていたジエゴ・コスタだが、ついに古巣であるアトレティコ・マドリーに復帰することが内定となった。

チェルシーはすでに穴埋め役としてアルバロ・モラタを獲得しているが、アントニオ・コンテ監督が『Goal』記者に対して、モラタとD・コスタについてのコメントを語ってくれた。

「アルバロは素晴らしいストライカーだ。彼はチェルシーにとって良い契約になったと思う。彼は私が好きなタイプのFWで、あらゆる状況からネットを揺らすことができる万能なゴールハンターだと思う」

コンテは「戦術面でも、技術的にも、彼は献身的に問題を解決しようと努力するタイプだ。その姿勢は素晴らしいものだし、プロの選手として模範的だ」と語り、モラタの姿勢について賛辞を贈っている。

一方で、古巣への復帰が明らかになったD・コスタについては、「彼はもうアトレティコの選手という位置づけだから、私があれこれ言うことではなくなった。それは敬意を欠くことになるからね。彼は昨シーズン、チェルシーがリーグ優勝を果たすうえで重要な役割を担ってくれた。FAカップでも決勝に進んだしね。彼が昨シーズン、ここで残した実績は輝かしいもので、称賛に値する。実際に感謝の気持ちしかないし、恨みは一切ない」と発言。ここまで“飼い殺し”状態が続いていたD・コスタについて、謝意を明らかにしている。