ドルトムント香川、インサイドハーフでリーグ2戦連続先発予想 現地の評価や期待も上昇中

写真拡大

前節リーグ戦初先発・初ゴールの香川 ボルシアMG戦でも左インサイドハーフ起用か

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間20日に行われた敵地ハンブルガーSV戦で今季リーグ戦初先発を飾ると、初ゴールも挙げる活躍で3-0の勝利に大きく貢献した。

 勢いそのままに、23日の本拠地ボルシアMG戦で2試合連続のスタメン出場が支持されている。

 ドルトムントがクラブ公式サイトで報じた予想スタメンでは、香川がハンブルガーSV戦と同じく4-3-3の左インサイドハーフに名を連ねた。GKビュルキ、DFピスチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ、MFシャヒン、カストロ、香川、FWヤルモレンコ、オーバメヤン、フィリップという顔ぶれが並んだ。

 UEFAチャンピオンズリーグのトットナム戦(1-3)で今季初アシストを決め、リーグ戦ではゴールも決めた香川。今季は左肩脱臼の故障から出遅れたが、結果を残してペーター・ボス監督に猛アピールしており、定位置奪取に向けて良い流れに乗っている。ブンデスリーガ公式サイトでの予想スタメンにも名を連ねており、現地での評価や期待も高まっているようだ。

「ボルシア・ダービー」でも勢い持続なるか

 トットナム戦で相手選手の手が口に直撃して歯を負傷したMFゲッツェ、若手左サイドバックのDFトルヤン、DFバルトラは引き続き欠場の可能性があると指摘されている。そのほかにも、長期離脱中のMFロイスや主将DFシュメルツァー、FWシュールレら主力選手は未だ離脱中だ。

 開幕から5試合連続無失点というクラブ史上初の記録を打ち立てた好調ドルトムント。注目度の高い「ボルシア・ダービー」でも、その記録を更新することはできるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images