羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

SP世界新で主役に君臨…地元カナダ局も衝撃「ハニュウがスポットライトを盗んだ」

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は22日(日本時間23日)に開幕し、男子ショートプログラム(SP)で今季初戦となった羽生結弦(ANA)が112.72点をマーク。自身が持つ歴代最高得点を更新する驚異の世界新で首位発進を決めた。地元のカナダメディアは「ハニュウがスポットライトを盗んだ」と称賛するなど、続々と衝撃が広がっている。

 モントリオールで打ち立てた金字塔。その衝撃は、瞬く間に海外で広がっている。

 大会は地元カナダ勢が躍進していた。アイスダンスではテッサ・ヴァーチュ、スコット・モイアのバンクーバー五輪金メダルペアがSPで79.96点で首位。男子SPではナム・グエンが88.40点で3位、キーガン・メッシングは86.33点で4位につけた。しかし、地元勢から主役を奪ったのは、世界の「Yuzuru Hanyu」だった。

 地元テレビ局「CBC」電子版では「ユヅル・ハニュウがスポットライトを盗んだ。世界新記録の112.72とともに」と報じている。

 また、米スケート専門メディア「icenetwork」は「ハニュウは自分を凌駕、自身の持つ世界記録を打ち破った」と見出しを打って速報。羽生の演技をこう評している。

米メディア称賛「ユヅル・ハニュウ以上に驚きで口をポカンとさせた存在はいない」

「壮観なシーズンデビューを迎えた夜、ユヅル・ハニュウ以上に驚きで口をポカンとさせた存在はいない。この男はオータムクラシック2017のショートプログラムで自身の世界記録を打ち破ってみせた」

 右膝に違和感を抱えながらも、ショパンの「バラード第1番」の美しい調べに合わせて完璧な演技を披露した羽生。演技直後には米テレビ局「NBCスポーツ」が「ユヅル・ハニュウが新記録で五輪シーズンの幕を開けた」と速報していた。全選手の演技が終わる前、順位が確定する前から報じているのだから、いかに衝撃が大きかったかがわかる。

 ソチ五輪に続く、平昌五輪での金メダル獲得に向け、地元カナダメディアも脱帽の主役ぶりを演じた日本が世界に誇る絶対王者。最高の形で66年ぶりの五輪連覇へ最高の形で滑り出した。