トランプ大統領息子、MLSのユースでプレー中だった

写真拡大

ジャーナリスト&フォトグラファーのパブロ・マウラー氏は、「ドナルド・トランプ大統領の息子がDCユナイテッドのU-12でプレーしている」と伝えた。

先日も色々と北朝鮮に対して発言し、世界中に大きな話題を振りまいたドナルド・トランプ大統領。

彼は意外にサッカーとの縁があり、中米のクラブを買収しようとしたことがあったほか、1992年にはイングランドのカップ戦の抽選を行ったことも。

メラニア夫人との間に授かった息子のバロン・トランプは、以前アーセナルのキットを身に着けていた写真が取り上げられており、サッカーファンであることも分かっていた。

そして、今回の報告どおり、たしかにUSAサッカーデヴェロップメント・アカデミーのサイトにはバロン・トランプが登録されている。

彼はDCユナイテッドのU-12で既に4試合に出場しており、MFとしてプレーしているという。