愛犬専用のハウスがありますか?

みなさんの愛犬には「愛犬専用ハウス」があるでしょうか。屋外で暮らしている犬はハウスを与えられていることがほとんどですが、室内犬の場合は愛犬専用ハウスを持っていない場合もあるようです。

家中を自由に動き回ることができ、その時その時でお気に入りの場所を見つけ、自由に寛いでいる犬も多いのではないでしょうか。

家中を自由に動き回ることができるのは犬にとっても嬉しいことでしょうし、愛犬専用のハウスは必要ないと考えている飼い主さんもいらっしゃると思います。

愛犬専用のハウスとして選ぶなら?

自分だけのテリトリーを持つということは、愛犬にとっても安心して暮らせる、安心してお留守番ができる、そんな特別な場所になります。よく利用されているのが、ケージ・サークル・クレートの3つです。

簡単に違いをご説明すると、ケージは天井付きなので飛び出したり逃げ出したりする心配がありません。

サークルは天井がありませんが、飛び出したり逃げ出したりする心配がない犬であれば問題ないと思います。

クレートは、バリケン・キャリー・ケネルなど人によって呼び方が違うこともありますが、自宅でも車内でも外出先でも使用することができる便利さがあります。

ケージについて

よく、「ゲージ」と言ってしまう方がいますが、正しくは「ケージ(Cage)」です。ケージには床も天井もあり、商品によっては取り外すことが可能でお掃除もしやすいです。折りたたむことができるものもあり、移動する際にも便利です。

愛犬が寛ぐスペース(&お食事スペース)とおトイレスペースを用意してあげることができる大きさが目安ですが、寛ぐスペース(&お食事スペース)とおトイレスペースが仕切りで分けられているものもあります。

ケージを選ぶ際のポイント

分解することができるタイプが良いのか折りたたむことができるタイプが良いのか掃除はしやすいのか耐久性はあるのかドアの開閉はしやすいか

愛犬が安全に使用できることと飼い主さんが取り扱いやすいケージ選ぶと良いのではないでしょうか。

サークルについて

サークル(Circle)は周りを囲むものですが、床や天井がないため、お掃除がしやすく、サークルの中のモノを出し入れしやすいという便利さがあります。

天井がないため、何か落下物があった際に愛犬に危険が及んでしまう可能性があったり、飛び出したり逃げ出したりする可能性もあります。

別売りアイテムを自由に使って工夫できる

また、床がセット内容に含まれておらず、別売りになっている商品もありますし、別売りされているアイテムを使用することで、より安全に便利に利用することができるのもサークルの良さです。

クレートについて

バリケン・キャリー・ケネルなど人によって呼び方が違うこともあるクレートですが、プラスチック素材で作られており、開口部分が格子になっているタイプのケースのことです。

クレートは、ケージやサークルとは違い、ハウスとして使用するというよりも寝床として使用すると捉える方が良いかもしれません。寛ぎスペースにはありますが、おトイレスペースもお食事スペースもありません。

持ち運ぶことができるというメリットがあり、プラスチック素材なので水洗いも簡単にできます。

大きさの目安は?

広い方が良いだろうと思い、小型犬に大型犬用のクレートを用意しようと考える場合もあるかもしれませんが、スペースが広すぎると犬は落ち着くことができません。
少し狭いんじゃないかな?というくらいが落ち着けますし、四方を囲まれていることで安心感があるんです。

まとめ

みなさんの愛犬が使用しているのはケージ・サークル・クレートの3つのうちどれでしょうか。それ以外のハウスや寝床を使用している子がいれば、ぜひその魅力を教えていただきたいです。

うちは、二匹とも室内犬ですが、ミックスの子は一日の大半をベランダで過ごしており、ベランダにドッグハウスを置いています。

ポメラニアンはケージ・サークル・クレートのどれも持っていません。犬用のベッドを置いていますが、寝るときは自分のベッドへ行き、寛ぐときは私の座椅子に座っています。

みんなそれぞれにお気に入りの場所を持っているものですよね。