犬が給水器を嫌がる理由とは?

一般的には、お皿にお水を入れて飲ませる人が多いと思うのですが

給水器ならケージに取り付けることができて場所を取らない給水器の方がいつでも新鮮なお水を飲ませてあげることができる飲みこぼしが少なくて良い

などの理由から、給水器を利用されている方もいらっしゃると思いますし、これから給水器を利用したいと考えている方もいらっしゃると思います。

給水器にもいろんなタイプや商品がありますよね。給水器のタイプによって、嫌がるものと嫌がらないものがあるかもしれません。

なぜ愛犬が給水器を嫌がるのか、様子をじっくり観察していると理解してあがられることがあります。

ペットボトルが怖い!?

市販のペットボトルを装着するだけで給水器として使用することができるタイプがあります。私も初めて買った給水器がこのタイプでした。

うちの愛犬たちはペットボトルが苦手で、このタイプは怖がって使ってくれなかったのですが、ホームセンターで数百円で買うことができますし、100均でも売られています。

ノズル部分からお水を飲むことができるものと、お皿にお水が出てくるものがありますが、ケージに取り付けたいのであればノズル部分からのものが良いですよね。

機械音が怖い!?

循環式自動給水器というものがあります。常にキレイなお水を飲ませてあげることができるとして愛犬家の間でも大人気です。

私は今までに二台の循環式自動給水器を買っているのですが、一台めはモーター音なのか、機械音が気になりました。人間の私に聞こえる大きさなので、愛犬にはもっと聞こえていたでしょうし、二頭とも全く使ってくれず…一頭は近づくことさえ嫌がりました。

二台めは少し高額ではあったのですが、機械音の気にならないものをゲットし、愛犬たちに見せたところ嫌がる様子もなく、今は毎日使ってくれています。

上手く給水器でお水を飲んでもらうためには?

お皿でお水を飲むことが習慣になっていた犬に突然給水器を与えた場合、飲み方がわからずに戸惑ってしまう子もいますし、急な変化に驚いたり怖がってしまう子もいます。

教えたわけでもないのに全く気にすることなく使いこなすことができる子もいます。

ノズルから飲むタイプの給水器の場合

ノズルから飲むタイプの給水器の場合、ノズルの先をペロペロと舐めることによってお水が出てきますが、このことを理解できない場合があります。

そんなときは、飼い主さんが指でマズルの先を突き、指についたお水を愛犬の前に差し出してあげてください。それを何度か繰り返しているうちに
「ここからお水が出てくるんだ!」ということを理解することができます。

ノズルの先を指で突くとお水が出てくるという様子を愛犬にしっかり見せるということがポイントです。

循環式自動給水器の場合

機械音が気になってお水を飲んでくれない場合、まずは循環装置をとめた状態でお水を飲む。ということから始めてみてください。お水を飲めるようになったら循環装置を稼働させ、機械音に慣れてもらう必要があります。

警戒心のとても強い子はなかなか慣れてくれないかもしれませんが、ゆっくり時間をかけて慣れることができる場合もあります。

お散歩の後や食事中に覚えさせる

お散歩の後や食事中にはお水を飲みたがりますよね。愛犬がお水を欲しがっているタイミングを見計らって、給水器でお水を飲む、ということを教えてあげると早く覚えることができる可能性があります。

まとめ

犬が給水器でお水を飲むことを嫌がる理由は犬それぞれにあります。

言葉を話せないからこそ、なぜ給水器を嫌がるのかを私たちが理解して解決してあげなければなりません。

中にはお皿でお水を飲むことが苦手な子もいますし、水道の蛇口からでなければ飲みたがらないという子もいます。

給水器でお水を飲むということを覚えさせるためには「無理に飲ませようとしないこと!」がとても重要です。

警戒していたり怖がっている場合、無理に飲ませようとすると「給水器=恐怖心」になってしまう可能性があります。

近づくことさえ嫌がる場合には、給水器を見慣れる、ということから始めても良いのではないでしょうか。